2012/6/3

シルバーウィーク Part3  旅行・行楽

ゴールデンウィークと言うと
1ヶ月前のことになる。

だいぶ前の話だ。
金メッキが剥がれてシルバーになった状態〜ッ(汗)
その理由で、ゴールデンウィークと言うより
シルバーウィークかな
クスッ〜

話題は、沢山あるのに温存してしまった…
諸般の事情はあるが

第二のふるさと福島県そして会津
小生の思い出としてブログに残して置きたい

ブログをご覧の方々は、いささか、
もの足りなさがあるかも知れないが、
ダキさんにお忙しい中ご案内いただいた観光地を
おざなりには出来ない
遠い過去の回顧録と思っていただければ幸いである

鶴ヶ城
平成23年3月に天守閣の屋根が赤瓦に葺き替えられ、
幕末当時の姿によみがえった。
赤瓦の天守閣は全国で唯一だそうだ
クリックすると元のサイズで表示します

駐車場は満車で車中から撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

お堀は情緒がありますね^o^
クリックすると元のサイズで表示します

桜の季節になるとこの歌詞が浮かんでくる

花びらが散ったあとの 桜がとても 冷たくされるように
クリックすると元のサイズで表示します

誰にも 心の片隅に 見せたくはないものが あるよね
クリックすると元のサイズで表示します

だけど 人を愛したら 誰でも心のとびらを 閉め忘れては
クリックすると元のサイズで表示します

傷つき そして傷つけて
クリックすると元のサイズで表示します

ひきかえすことの出来ない 人生に気がつく
クリックすると元のサイズで表示します

「ささやかなこの人生」(伊勢 正三作詞)より引用
 
桜は、1年に1度この時期に咲き誇るために
人目に付かず沈黙の時期をじっと耐え忍んでいる。

Part4へ

追伸
ご心配をおかけしておりますが、旅行は、行きますよ〜ッ
15・16・17日ディズニーシーで同級生と酒が飲めるなんてサイコーヒラメイタ!
ディズニーシーでは、気のきいた「Duffy」Goodsを探しております。
Oさんの奥様、当日アドバイスをお願いします

22・23・24日青森。ダキさんのプランが楽しみです。
ワクワクしています
0



2012/6/4  23:25

投稿者:しか〜し

ダキさん
コメント有難うございます(^^)

桜の季節になると、つい、ノリノリ状態になってしまうのですが…
越冬ツバメならぬ越冬サクラが大切です(ルン)

車中で写真を撮りましたが、写真だけご覧になられた方は、歩きまわりながら撮影したかのように思われるでしょうね(汗)

イヨイヨ旅行が近づいて来ました^^
楽しみです。

ダキさんは、3週連続ですか?
お体に気をつけてお過ごし下さい(^^)/

2012/6/4  2:22

投稿者:ダキさん

桜もそうですが、白菜やネギ、トマトなども寒さを感じると甘味を蓄えるそうです。

しか〜しさんも上手ですね。
まるで歩いて回ったみたいでしたが、
実はほとんど車からでしたね。

旅行のプランは大体決まりました。
あとは消化するだけです。
天気が晴れることを祈りましょう。

会津にお越しの際は遠くから来て頂いた上
『お土産』までおねだりしてすみませんでした。
あの笹かまは活きた使い方をしましたよ。

私が燃え上がる機会が滅多にないのですが
常にやれるベストは尽くしたいと思っています。

http://happy.ap.teacup.com/dakiboy4/

2012/6/3  20:13

投稿者:しか〜し

エンピロさん
コメント有難うございます(^^)

桜の季節になるといつも思います。
1ヶ月間は、もてはやされ、
残りの11ヶ月の間は、「ただの木」になり、
その存在すらも忘れさられているのです。

おっしゃるとおり、冬の寒さが大切ですね…

ヒーローになるためには、
下積み時代が必要なのです(^^)/

2012/6/3  14:49

投稿者:エンピロ

伊勢正三については、先日ダキさんも取り上げていましたね。私は4年前、伊勢正三の生の歌とギター演奏を堪能しました。感動でいっぱいになりました。太田裕美と大野真澄とのユニット「なごみーず」のコンサートです。

確かに「桜は1年に1度この時期に咲き誇るために、人目に付かず沈黙の時期をじっと耐え忍んでいる」ですね。

休眠していた桜の花芽は、一定期間低温にさらされることで、眠りからさめ、開花の準備を始めます。これを「休眠打破」と言います。冬の寒さがないと桜は春に咲かないのです。だから、小学校のPTA会長をしていた時、寒い体育館で保護者に「桜と同じく、子どもたちは冬場に寒さを我慢できてこそ、春になって花を咲かせることができるのです」と挨拶しましたw

http://green.ap.teacup.com/enpiro/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ