2012/11/3

対人恐怖症  日記

対人恐怖症とあがり症は似ているように思われますが、どこか違いはあるのでしょうか?基本的に、対人恐怖症はあがり症と同様に、神経症の一種とされており、人との付き合いに異常なほどに緊張して、様々な症状を引き起こしてしまうと言われています。例えば、人前で自分の考えを言うことができなくなったり、顔が赤くなる、人の視線が気になり物事に集中できなくなるなどといったことです。身体に異常があるわけではないので、通常であれば、経験を積み苦手意識を克服することで自然に治っていく場合がほとんどです。でも、いくつかの症状を併発して重症化してしまうこともあります。人との関わりを避けようとするあまり、だんだん孤立化して社会的生活に大きな支障をきたしてしまう事態に陥ってしまうこともあるでしょう。
網野智世子
ウォーレン・ バフェット
伊藤龍一
スペースワールド〜未来
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ