娘と猫とマクロビオティックをこよなく愛す私の、心の内側を綴ったブログ。

2017/1/20  20:42

空(食う?)前絶後  

昨日の休みは、二時半あたりから、美容院やミーティングに出掛け、帰宅が八時過ぎだった。

自由時間が少なかったのに、おかずを沢山作った。

ジャガイモの煮物

小松菜と油揚げの炒めもの

きんぴらごぼう

ふかしサツマイモ

さらに今夜は、

寄せ豆腐の味噌汁

ホウレン草のゴマ和え

どれも皆、賞味期限が来たものとか、

古くて萎びてきたものとか、

捨ててなるものかという欲で調理したものばっかり(笑)

普段は多くて二品

ビン詰めの佃煮だけで食べることもある。

なので、今夜は舞い上がってしまった。

こんなに豪華絢爛な食事(笑)に、今後出合えるだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/1/19  22:59

猫の花束  

または、スリー・グレイシス(古い!)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/1/19  10:47

ザ・ピーナッツ  

明日は雪が降るそうだ。

よし、今日は洗車しない!

しない理由が現れて、良かった(笑)

今日の夜、ヘルパーミーティングがあります。

明日は朝早いので、今夜は早く寝なくちゃ。

じゃあ、晩ごはんは、いつ食べようか?

一日一食だから、ミーティングのあたりは空腹の頂点

帰ってきてから食べるにしても、そんなに時間はかけられない。

今日だけは、ミーティングの前後で食べようか?


さて、担当している利用者さんで、独り暮らしの男性がいる。

オーディオが好きで、二年くらい前にステレオを買った。

青江三奈や藤圭子とか演歌調をよく聴いているので、年齢から言っても、演歌や歌謡曲が好みなんだと思っていた、

ところが、ある日、ジャズが流れていて、自分は元々ジャズが好きなんだと仰る。

先日サービスに伺ったら、ザ・ピーナッツが流れていた。

私は彼女たちが大好きなので、聴きたい曲がかかるときは、自然っぽく掃除機を止めたりなんかした。

そのうち、私が一番好きな「恋のオフィリア」という曲がかかった。

NHK・FMだと思っていたので、NHKも随分マニアックな曲をかけるものだと感心した。

さて、全曲終了したらしく、新しい曲はかからなくなった。

で、いくら待っても、

『今日は、ザ・ピーナッツをお聴きいただきました』

というアナウンスがない。

沈黙のまま

「CD?」

利用者さんは笑いながら頷いた。

私は、自分もピーナッツが大好きだと告げ、とても嬉しいと言った。

「あの曲」が入っているということは、私と同じCDなのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/1/17  23:51

今日  

今日は、阪神淡路大震災が起きた日ですが、

タンちゃん(牡丹)が家に帰ってこなくなったのも、この頃でした。

当時、夫から、猫がテーブルから飛び降りる音などで熟睡できないから、夜は外に出すようにと言われました。

まだ一歳になっていないのに、一月の寒空なのに。

でも、私は従いました。

猫たちは朝になると帰ってきました。

思い出すのも辛いですが、ある朝、タンちゃんだけが帰ってきませんでした。

でも、その内帰ってくるだろうと、何日かを過ごしました。

それで、帰ってこなかった最初の日を覚えていないのです。

2、3日後の夜、私が縫い物をしていると、縫い針が折れました。

同時に、ベッドに居た猫たちが、同じ方向を向いて、唸りました。

多分、両方ともタンちゃんに関係があることだったのだと思います。

その後夫との関係は悪くなり、口も聞かないようになりました。

でも、こんな状況をタンちゃんが望んだろうか?と思い直し、夫に話しかけるようにしました。

「タンちゃん、これでいいね?」

そう、タンちゃんに呼び掛けたことは、今でも覚えています。

でも、夫は変わりませんでした。

私は、娘と猫を連れて離婚することを決めました。

タンちゃんのことは、思い出す度に泣き、10年間写真を見ることが出来ませんでした。

ある日、会社からの帰り、何故だか、タンちゃんと暮らした家が望める道に行く気になり、車を停めました。

しばらくタンちゃんを偲んでいると、何かが車の中に入ってくる気配を感じました。

私は、タンちゃんだと確信しました。

10年以上かかって、ついにタンちゃんが戻ってきた、と思いました。

「さぁ、タンちゃん、ウチに帰ろう」

タンちゃんは、小柄で、白が多い白黒なので、見た目繊細そうですが、なかなか神経が太いようです。

タンちゃんを探す新聞チラシを出したところ、ある方から電話をいただきました。

早朝新聞配達中にタンちゃんと会ったそうです。

そのとき、タンちゃんは何と蛇を退治していて、その方に「見ろ、見ろ」と言っていたように思った、と仰っていました。

肝っ玉の据わったタンちゃんの記念日に相応しく、今日は、ちょっとした試練がありました。

とても動揺して、暗い雲が立ち込めました。

でも、タンちゃんがくれたレッスンだと思えば、前向きになります。

「こんなことで、めげないわ。

これでいいんだね、タンちゃん?」

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/1/16  6:39

寒い朝  

今朝はよっぽど寒いのでしょう。

猫たちがリビングに出てきません。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ