娘と猫とマクロビオティックをこよなく愛す私の、心の内側を綴ったブログ。

2016/12/7  21:30

一日一食  

おととい、歯医者さんからこの本を借りてきました。

歯医者さんから?

そこは、先生の趣味で、私好みの常識とは離れた内容の本が沢山置いてあり、貸し出してもくれるのです。

「エースをねらえ」があったのには感激しました。

今までに10冊以上は借りてます。

「ホオノポノ」もここで知りました。

ブルーソーラーウォーターはずっと実践しています。

先生もブルーソーラーウォーターを作っているのを見ました。

今回の本は、そんなにピンと来た訳ではありませんが、ともかく借りてきました。

で、今日は休みなので、実行してみました。

ベストな一食は、夕食です。

水分と塩分と糖分は適宜摂るのだそうです。

私は無理の無いように、朝はお茶とみかんとバナナとヨーグルト

昼は、身の無い味噌汁とレタス1/2枚とマヨネーズ

その他にも、お腹が空いたら、ミルクティー等液体を入れました。

夕食は何を食べても良いのです。

著者は、寝る前に、厚切り羊羮をブランディーと共に食べて幸せな気持ちで眠りに着くそうです。

実行してみて、まず良かったのは、どんなおかずを作ろうかと、余り考えなくて良かったこと。

どうせ、一日一回しか食べないんだもの。

確かにお腹は空くけど、お茶を飲めば割りと収まりました。

「茶腹も一時」とは、本当だったんだ。

実は、クータンが旅立つ半年位前から、お腹の調子が以前と違って来ていました。

マクロビをやっていれば、お腹は良くなると言われているのに、おかしいなぁ。

純粋なマクロビじゃないから?

お菓子、沢山食べるし。

でも、どうすることも出来ないでいました。

一日一食で改善…できるかなぁ。

確かに、空腹を感じるのは気持ちがいいです。

今までは、それを合図に食べていたけど、そこを乗り越えるのですよ、というアドバイスを貰ったので、何の心配も無く、食べないでいられます。

ところで、スコットが随分若く見えたので、

(またスコットネタ〜?!)

彼はベジタリアンなのかも、と思いましたが、

余り食べることに興味がないのかも知れません。

その結果、少食となり、若々しいのかも知れません。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/5  20:19

復活  

12月から、大幅に仕事が減り、今日も明るい内に帰宅しました。

私が家に居ると、何だか子猫たちが落ち着くような感じがします。

私が家に居る時間が少ないということは、限られた時間であれもこれもやらなければならない、ということで、私に余裕が無くなり、その緊張感が子猫たちに伝わるのかも知れません。

私も、この機会に、沢山寝て、本を読んで、リタイアしたら視ようと買ってあるDVDを視たりしたいと思います。

ところで、ラジオなんですけど、

前に、CATVと契約していた頃、CATVの差し込み口の近くにラジオを置くと、聞こえが良くなったことがありました。

電気に詳しい人の話だと、それは理にかなっているとのこと。

それならばと、簡単なケーブルを買ってCATVとラジオを直接繋ぎました。

効果はFMで顕著だったと思います。

その後、CATVを止めたので、そういう効果も無いだろうと繋ぐのを止めました。

最近、ラジオが古くなったせいか、雑音が酷くなりストレスを感じることが多くなってきました。

そこで、試しに、今夜CATV繋ぎを復活してみました。

今のところ、前よりは聞き易いような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/12/4  14:09

インスト  

スコット以外の曲も耳にしたいと思ったが、誰を聴いても満足しない。

このピアノは、聴けた。

もう、スコットには人間では太刀打ちできない?(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/12/2  20:13

強気でGO  

私が帰宅してから、うーさんがフッ君に追い回され、逃げ込んだ場所でウンチを漏らしてしまいました。

予防接種の後、お母さんが排泄に失敗してから、急にお母さんを追いかけ回すようになりました。

「モ―ちゃん、うーさんを指導してよ。

モ―ちゃんがやったみたいに、ブン殴ってやればいいのに。

優しいだけが美徳じゃないよね。」

そんなことをモ―ちゃんに言いました。

カーテンの陰に隠れたうーさんを鋭く察知したフッ君が、カーテンに近づきました。

すると、うーさん唸りました。

フッ君が諦めてその場を離れるまで、かなり長く唸っていました。

まずは、うーさんの勝利

私がうーさんの代わりに、フッ君を怒ってもその場しのぎ。

黙って見ている方がいいみたい。

でも、フッ君に言いたい。

「いい加減にしろよ〓(怒)」
1

2016/12/1  16:38

ダイちゃんが来た  日々のこと

久しぶりのパソコンからの投稿で、とても時間がかかっています。

昨日の朝、ベランダに行こうとすると、怪しげなものが居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなもの生まれて初めて見ました。

体長5cm位で、しがみついて、お尻を壁に打ち付けるように振っている。

不気味でした。

「もしかして、スズメバチ?」

だけど、ベランダに用事があったので、それの上の方にあるビンをそっと取ってきました。

部屋に戻ってからパソコンで調べると、やっぱりスズメバチでした。

(順番が逆ですな。ビンを取りに行く前に調べるべきです)


説明では、11月ごろには女王蜂以外はほとんど死んでいる、とありました。

最初見たときは、盛んにお尻を振っているので、「ここに巣でも作るつもりなのかしら?」

と、とても不安でした。

写真に撮って市役所に持っていき、駆除を相談しようかとも思いました。

パニックでした。

それからは、ガラス戸越しに写真を撮り、様子を見ていました。

すると、飛び立つ気配を見せ、私の方に早いスピードでビュッと飛んできて、ガラス戸にぶつかり、空に飛び立っていきました。

死んでいるはずのこの時期に・・・・

「ダイちゃん?」

誰かが旅立つと、かなりの確率で何かの動物に姿を変え、あいさつに来る。

私は、何回も経験しています。

離婚した夫のときは、蛍でした。

窓辺に座っていると、蛍が一匹やってきて、長い間私のそばに居ました。

共通の友人から亡くなったことを聞いたのは、その後でした。

今年の5月、私の誕生日にベランダの物干し竿にツバメが止まっていました。

私がそばに行ったのに飛び立たず、そこからの景色をじっと見ている風でした。

フンをされたら厄介なので、選択バサミで竿をコンコンとたたきました。

ツバメは、「ああ」と今さら気が付いたように、飛び立って行きました。

その日に、長兄の奥さんが亡くなったことを後で聞きました。

(訳あって、私は兄弟と連絡を取り合っていません)

義理の姉は、この家を作っているときにベランダに上り、「まるで大統領が手を振るところみたいね」と言っていました。

この世で見る最期の景色の一つに選んでくれたのかな?と思いました。

スズメバチより、私の方が怪しいような感じになってきましたが(笑)、でも、信じています。

そうかといって、今を生きる私に神がかりのようなことは決して起こらず、日々、地を這うようにして生きなければ明日は来ない、ということも身に染みています。

それにしても、ダイちゃん、すごいものに変身したなぁ。

こんなことでもなければ、本物のスズメバチなんて一生見られなかったかも。


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ