2014/4/3  9:43

『ニヒルとテロル』、新装版刊行  「秋山清」関連情報

クリックすると元のサイズで表示します

秋山清著『二ヒルとテロル』

■ISBNコード:978-4-582-76808-4
■判型/総ページ数:文庫版変型/280ページ
■定価:本体1,400円(税別)
■発売年月日:2014年3月10日
■発行:平凡社

いまの日本に、
「否定の自由」はあるか?
辻潤、金子ふみ子、ギロチン社など、第一次大戦・震災以後の
国家弾圧・同調圧力に抗した人々の生き様を見つめ、
自由への足掛かりを見出さんとした、アナキスト詩人の代表作。

解説=細見和之
…………………………………………………………………………………………………………
動と静―テロルと二ヒル
ニヒリスト辻潤
  受けつがるべき「否定」
   思想家としての辻潤
二ヒルの群像
テロリストの文学
  管野スガ子の獄中短歌
   金子ふみ子の回想録
   村木源次郎の童謡
   白栲・田中勇之進
   酔蜂・和田久太郎
   二人のロマンチスト―後藤謙太郎と中浜哲
テロリストと文学
二ヒルとテロル
ニヒリズムそしてテロリズム
ニヒリズムとアナキズム

2



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ