恨まずに心変わりや梅雨さなか  写真俳句

恨まずに心変わりや梅雨さなか   史朗

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

陽の当たる顔と陰のある顔、どちらが本当の顔なのか?自分にも判らない。ただひたすら向き合って決めたことだから変心とは言わせない。自らも怯むことなく咲き続ける心構えだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります。





タグ: 写真俳句



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ