池めぐる庭に灯りの額の花   写真俳句

池めぐる庭に灯りの額の花  史朗

肥後細川庭園:回遊式庭園
このあたりは南北朝の時代から椿が自生する景勝地であったという。名所江戸百景の中でも近くを流れる神田上水を越えて遠く富士の霊峰を望む見晴らす地で山縣有朋が庭園邸宅を作り「椿山荘」と名付けた。現在のホテル椿山荘である。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 写真俳句



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ