風抜けて微かに揺れぬコムラサキ  写真俳句

風抜けて微かに揺れぬコムラサキ  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

小紫は紫式部を小さくしたものなのでこの名前になった。
紫色のきれいな実をつける。根元に近い方から順次開花し
先端に咲き向かう。それを追うように実をつけていく。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります。




タグ: 写真俳句



2018/9/10  18:30

投稿者:史朗

自転車親父さん
マンションの植栽担当になったときに
入口の植え込みの中にリンドウやギンケンアカシアなどと一緒に
植えた株が大きくなりました。
たった一株なのに秋花に先駆けて存在感抜群です。

2018/9/10  18:25

投稿者:史朗

太郎ママさん
花は美しいというほどではありませんが
夏にむらさき色になる頃がキレイですね。
なんといってもこの実がいちばんです

2018/9/10  7:03

投稿者:太郎ママ

「風抜けて微かに揺れぬコムラサキ」  

そういえば、実は鑑賞していましたが、
花を意識して見なかったですねぇ。
どんな花かしら?

2018/9/9  21:55

投稿者:自転車親父

こんばんは。
コムラサキがこんなに色付きましたか。
うかうかしていると終ってしまいますね。
少し頑張って撮りに行かないと。

http://blog.goo.ne.jp/zitensyaoyazi2012

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ