Getting Down 2 the Basic --- ラーメンとCGの原点回帰  Bilingual日記

Ramen noodles and computer-generated ending sequences of TV cartoon (anime) shows share one thing in common. They are better, when they are simple and down to the basic.

The BBB (English)
The BBB (Japanese)
Agent Kunugi
エージェント工刀(くぬぎ)
The BBB: Breakthrough Bandwagon Books
『ハゲ猫博士1304』
?????

『ハゲ猫博士1304』: 「ラーメン屋のラーメンも、プリキュアのCGエンディングも、共通点は、ひとつ」
『ブス猫姫6919』: 「ノびない方が、良い?」
朧月(Hazy Moon): 「どちらも、シコシコせんとなあ」
『デブ猫王子8150』: 「あんたが言うと、変な事を想像してしまうがな」
『ハゲ猫博士1304』: 「原点回帰して、simpleな方が、良い。ラーメン屋で一番安いラーメンには、変なトッピングが乗っておらんから味を誤魔化せない。だから、その店の味を知る事が出来るのじゃ。CG技術が発達しておらんかった頃の新鮮プリキュアの前期エンディングが、簡素で良いのじゃ。最近の、進化した技術を見せびらかすために、変な化粧をさせて不気味の谷を冒険するようなのは、頂けん。二次元のキャラに、口紅は似合わん」
朧月(Hazy Moon): 「ハゲジジイが女児向け番組に就(つ)いて熱く語るのって、暑苦しくて気持ち悪いね。てなわけで、俺は紅い口紅が似合うキュア筆頭を頂くぜ」
『ブス猫姫6919』: 「ときめかんでええわい。バッキューン!」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ