2009/10/8

エイズ(HIV感染症)  性行為感染症予防

エイズ(HIV感染症)

疫細胞が破壊されるとエイズ発病の初期症状、エイズ関連症候群と言われる下痢、体重減少、倦怠感や発熱、疲労、寝汗などの症状が起こります。エイズの発症です。異変に気づいて病院に行くのは大抵この段階です。発症の時点で適切な治療をしないとその後すぐに「日和見感染」と言われる正常な免疫システムなら感染しないような感染症にかかり、末期になるとカポジ肉腫などの悪性腫瘍が出来ます。

主に日和見感染による感染症から死に至ります。検査病院でも検査を受けられますが、現在は全国の保健所で無料匿名で検査を受けられます。検査結果が出るまで通常1週間ほど必要ですが、30分ほどで結果がわかる即日検査も普及してきているようです。

ちなみに献血時にする検査では仮にHIV感染が認められても本人に知らせる事はありません。献血を検査目的に利用しようとする人を増やさないためです。保健所で無料でしっかりとした検査を受けられる制度があるのですから、きちんとした検査を受けましょう。こちらでの感染危険度チェックも参考にどうぞ。
0

2009/10/8

性感染症について  性行為感染症予防

性感染症について

性感染症について正しい知識を知り、健全な予防法を理解しましょう。性感染症(性病)を、、「若い子の病気」や「遊び人がかかるもの」と思いこまれがちですが、性感染症とは、セックスする人ならだれでもかかる可能性があるもので、「私は大丈夫」「私には関係ない」という人ほど、実は危険なのです。

先進国では唯一HIVの感染率が増加し続けている日本は、そのほかの性感染症に関してもいまや国民病といえるほどの勢いで蔓延しており、事態はかなり深刻です。最悪の場合、死に至るほか不妊症やがんの原因になることもあるのに、いまだに性感染症への知識や理解がほとんどないのが現状。

性感染症は特別なものではなく、むしろ普通の生活を送る人にこそ身近に迫っている問題です。自分だけでなく、大切な人の身体を守るためにも、当サイトで、性感染症の正しい知識と予防法を理解してください。
0

2009/10/8

クンニして欲しいのに  クンニリングスの仕方

クンニして欲しいのに

「クンニして欲しいのに彼がなかなかしてくれない!」そんな風に嘆いている人はいませんか? そんな人は、まず自分の体をよく調べてみましょう!日頃良く洗っていないために、汚れがクリトリスの皮を剥いたところに溜まっていたり、 ヒダヒダの奥に溜まっていたりしていませんか?男性が最も気にするのは女性の性器のクンニリングス画像「ニオイ」。

でもこれは、ワキガなどのように、元々体質的に「ニオイ」があるかどうかよりも…日頃清潔にしているかどうかで、 “染みついちゃってるニオイ”のようなものを、しめすことのほうが多いような気がします。現に毎日キレイに洗っている人は雑菌が繁殖しにくく、ニオイがほとんどないようです。

そんな女性にクンニをしても、その女性自身が興奮しないので、男性のエゴだけの愛撫になってしまいます。胸から、腹、そして徐々に下に顔を近づけ、そこまできて嫌がるような素振りをみせたらクンニをすることは諦めましょう。しかし、できるならばやってあげるととても効果があります。
0

2009/10/8

マナーを守ってクンニリングスを楽しもう  クンニリングスの仕方

マナーを守ってクンニリングスを楽しもう

クンニリングスとは男が女性の外性器周辺を主に口及び舌を使って愛撫すること。セックスにおける前戯の終着点でもあり、愛液の少ない体質の女性ではクンニリングスによって唾液を補充することが出来るのです。クンニリングスをクリトリスを愛撫することだと勘違いしている男も多いようですが、クンニ(クンニリングス)はクリトリスが全てではないです。

対象は性器全体(クリトリス、大陰唇、小陰唇、会陰、膣前庭、尿道口、肛門など)であり、その全てを愛撫することが必要だといわれています。女性からすすんで「舐めて」「クンニして」とお願いしなくても、大抵の男性は自ら進んでクンニ(クンニリングス)をしてくれます。でも中にはちょっと鈍感な男性もいて、舐めてほしいと思っていても、なかなか舐めてくれない男性もいるんですよね。そんなときは彼のものをしっかりフェラチオしてあげましょう。 彼の大きくなったものを口に含んで、彼をじっと見つめます。

そしてとっても美味しそうにペロペロしながらひたすら見つめてあげると、男性は無性にクンニやシックスナインをしたくなる習性があるのです。男性特有のその習性を利用して、クンニをさせるか、シックスナインからクンニに持ち込んでいきましょう。
0

2009/10/8

シアリスの服用  シアリス個人輸入代行

シアリスの服用

シアリスの服用の注意事項としては、
(1)高血圧.低血圧と心臓病の方、未成年の方は服用しない
(2)手術後6ヶ月間は使用しない
(3)ニトログリセリン系の薬または心臓病を治療する薬を服用している方は絶対に服用しない
(4)服用24時間前後に降血圧薬の服用はしないなどがあげられています。

シアリスの副作用としては、顔のほてり、頭痛、むかつき、消化不良などがあります。また、光がまぶしい、色が変化して見えるなど、一時的に眼に影響が出る方もあります。いずれにしても、日本においては、医師に相談して、その後処方箋に従って服用するのが適当です。ただし、健康保険の適用外の薬ですので、自費診療となります。したがって、医療機関により費用はまちまちになりますので、医師にかかる前に調べておくことをお勧めします。

シアリスは血圧を下げる作用があり、ニトログリセリンなどの硝酸剤と併用すると血圧が下がり過ぎるので危険です。また、シアリスとの併用で、悪影響のでる方としては、不整脈、低血圧または高血圧症の方、 硝酸剤/一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の方、脳梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞や心不全を患った経験のある方、ニトログリセリン系の薬または心臓病を治療する薬を服用している方、肝臓障害、末期腎不全患者、不安定狭心症、遺伝性網膜変性症の既往歴のある方、網膜色素変性症の方などが認められています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ