マイホーム購入の準備段階  マイホーム購入

マイホームの準備と聞くと【頭金】【間取り】【建築会社】などが浮かんできます。

確かに上記にあげたことはとても重要ですし、計画が必要となってきます。

ですが、自分たちのライフスタイルや、自分たち好みのマイホームにするには、自分たちが望んでいるマイホームを家族と話し合い具体的に要望を出すことが一番大事と言えます。

まず、家族構成です。

家族構成はマイホーム建築の際には、決まっていると思います。

ですが、予定している子供の人数や、同居などで両親が増える場合も配慮していかなければなりません。

子供は何人産む予定なのか、自分たちの両親も一緒に住むのか、いずれ住むようになるのか、それによって要望は大きく変わります。

子供の場合、目先ではいいですが、将来自分の部屋がいるようになってきます。

両親と同居の場合は、二世帯にするのか、どこを共同で使うのか、両親の意見も配慮して計画していかなければ後々気まずいまま一緒に住んでいかなければいけない。

ということにもなりかねません。

家族構成・予定が決まったら、次に、家族の要望をまとめてみましょう。

人によって、キッチンやリビングは、広い方がよい人、フローリングや畳にこだわる人もいます。

玄関にこだわりがあり、広くなければという人もいます。

マイホームには何が必要なのか優先順位をつけて話し合っていきましょう。

大きな買い物です。

後からどうこう言っても直せません。

妥協する部分としない部分を明確にして、マイホーム計画を進めていきましょう。
0

 

マイホーム購入時の店選びは時間をかけて  マイホーム購入

マイホーム購入を検討中、モデルルームや建売物件などを見学しますよね。

その際に、気に入った物件などが見つかれば、そのハウスメーカーや不動産会社に足を運び、説明を受けに行きましょう。

説明を受ける時には、建物の地域や価格の説明をよく聞きましょう。

そして、実際の建物や土地を自分の目で見に行くことが大切です。

この時、忘れてはいけないのが、【どこの会社でも、物件の良いところや、メリットしか言わない】ということです。

見学した物件を買う気がなくても、気になった会社や物件はいくつも見学してみましょう。

そして、営業マンにたくさんの質問を投げかけてください。

その答えや説明を聞いていれば、その会社自体の信頼性を感じることができます。

質問に曖昧だったり、知識がなさそうだったりする営業マンはダメな営業マンです。

その会社に言って営業マンを代えてもらいましょう。

マイホーム購入には、営業マンの商売言葉に惑わされないよう、指針を持つことが重要です。

他社との違いはどこなのか。

オプションの内容や価格が表記されているか。

住宅の使用や別途で工事が必要でないか。

など、目利きや知識が必要となってくるのです。

たくさんの物件を回り、営業マンに質問をすることで、自分たちも新たな知識が増え、交渉術なども身についてきます。

これは、マイホーム購入の際の、コストダウンにも繋がります。

マイホーム購入は焦らずじっくりと時間をかけ、自分たちの知識を増やしてから購入に進みましょう。
0

 

マイホームをハウスメーカーで  マイホーム購入

一概にマイホームを建てたい!と思っていても、現実は、「マイホームが欲しいけど、どこから情報を得ていいのかわからない。

」「何から始めていいのか全くわからない。

」などの悩みが付き物です。

まずは、「百聞は一見にしかず」です。

マイホームというものを目で見てみるのが一番早い方法ではないでしょうか。

代表的なのがハウスメーカーです。

ハウスメーカーとは、広告・CM等で宣伝し、住宅展示会などを行っている、言わば大手の住宅ブランドです。

ハウスメーカーは、広告・パンフレットのような紙面以外に、展示場やモデルハウスなどがあります。

住宅購入の際、実際にどのような家造りができるのか、目で見て確かめられるのでとてもわかりやすいです。

最近では、同じような家を大量に建て、売りに出すことで、コスト削減をしているので割安となっています。

しかし、ハウスメーカーと言えば広告やCMに膨大な費用をかけています。

その宣伝費が私たちマイホームを建てる際に払う資金に、いくらかが含まれているのです。

ですから、コスト削減の為に、実際に家を建てる際、小さな代理店や工務店に頼むことが多いのです。

大工が建てた家に比べると、品質面ではとても劣ります。

また、営業スタッフの信頼度がかなりないと、施工や設計も行き届かないケースもあります。

マイホームを建てたはいいが、営業スタッフが代わってしまい、アフターケアが不安だという悩みも少なくありません。

このことを踏まえ、依頼先をよく検討する必要があります。
0

 

マイホームを持つのが夢  

家庭や子供を持つと、いつしか自分の夢がマイホーム購入になっている方は多いと思います。

自分だけの家、自分色の家を作りたくなりますよね。

マイホームの購入は生きていく中で最も大きな買い物です。

十分に計画や下調べが必要となってきます。

まずは、自分達の資金と相談することが重要となります。

今は「頭金無しで購入できます。

」と言う家も多くなってきています。

しかし、頭金無しで家を購入できたとしても、ローンの返済で普段の生活がやっていけないでは、夢のマイホームとは言い難いですよね。

例えば、両親からの資金援助が見込めることや、土地だけは確保できた。

などの場合は、そのことも踏まえて計画していかなければなりません。

資金の計画は十分にしていかないと、後々痛い目を見ることになってしまいます。

資金の計画が立ったら、次に情報を集めてみましょう。

(1)インターネットで不動産屋の下調べ・相談をする。

(2)住みたい地域・住む地域の土地相場を広告・新聞等で勉強する。

(3)住む地域の不動産屋何件かに相談し足を運ぶ。

ハウスメーカーに飛び込む前に不動産に足を運ぶ方が良いでしょう。

土地がある場合はハウスメーカーが先でいいですが、土地がない場合、支払やその土地に詳しいのは不動産屋です。

ローンの支払い方法や土地の値段・相場を学習する必要があります。

その次に住宅です。

土地の値段や相場は地域によって全く異なってきます。

引っ越し先にマイホームを建てる計画をしている場合は特に下調べが必要と言えるでしょう。
0

 

マイホーム購入と公的融資  マイホーム購入 資金

マイホームは人生の中でも最も大きな買い物です。

自己資金はもちろん、ローンの返済額も巨額になります。

住宅ローンは普段の生活で組むローンとは訳が違います。

住宅ローンは、20年、30年と長期返済をしていかなければなりません。

資金計画は十分に計画をしてローンを組むことが重要となってきます。

ローンを組む前に、自分たちの資金、いわゆる自己資金はどれだけ用意できるのかを確認しましょう。

自己資金はあればあるだけいいですが、最低でも購入価格の20%は用意できるといいでしょう。

これは、公的融資の借入額は原則として、購入価格の80%以内だからです。

自己資金の確認ができたら、どこの融資が利用可能かを確認しましょう。

どの融資を利用できるかは、人によって違ってきます。

利用できる融資が確認できたら、どこの融資を利用するか選ばなくてはいけません。

この融資選択を怠ると、金利が他の融資会社より高かった。

借入額が少なかった。

など、ローンを組んでからでは遅いトラブルが発生します。

融資選択をする際には、有利な融資を選ぶことが必要です。

有利というのは、金利が低いことです。

ですが、民間の金融機関などのローンは、変動金利ローンや、ローンの多様化もあり、現状の金利の低さで選ぶのは難しいです。

一番利用しやすく、固定金利で低金利なのは、住宅金融公庫です。

公庫融資には条件もありますので、公庫融資を利用できるか、いくら借入できるのかを確認しましょう。

そして、不足分を他の金融機関などの融資で補う形がベストと言えるでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ