青少年健全育成法改『悪』案について  

本件にいてもともと書くもりはなかったが。

他の知人のところで話題に上ったことと、誕生日翌日を台無しにされたこと、そして漫画を愛する身としては、少しでも一般の人に本件の実態を知ってもらうことが出来るよう一度くらい、この件に関して書いておこうと思う。

去る月の日。

東京都議会でとある条例が可決された。

青少年健全育成法改正案という、一般の方には耳慣れないものと思うが、過激な性描写のある漫画やアニメの販売を規制する条例といえば、幾分聞き及びのあるものになると思う。

これのどこが問題なのか。

なぜ反対意見が出るのか。

過激な性描写なんて子供が見て変な影響が出たらどうする規制されて当たり前反対するなんてお前は変態か文面と報道の上面だけをなぞるならそういわれても仕方がないように見える。

だが、問題はそこではないのだ。

そもそも過激な性描写の漫画が青少年に与える悪影響、まりは青少年が引き起こした事件と漫画との間に具体的な因果関係は見けられていない。

石原都知事は実物は見てはいないが影響がないわけがないという風に判じていたが、むしろその都知事が政治基盤を築くに至った小説太陽の季節処刑の部屋を原作とした実写映画を模倣して起きた事件のほうが具体的な件数がある。

そして、実は過激な性的描写にいては有害図書等の規制にいて第条で以前から既に定められていたのだが、今回その第条に新たに第項を追加し、その規制から実写を除くことを明記してしまっている。

そう、実在しないモにいて規制しているのに、実在しポル撮影のために被害も出ている実写をわざわざ規制からはずしてしまっているのだ。

なぜ、現行の条例でも規制できたはずのものに穴を開けるような条例を新たに制定したのか。

実在しない人間を守るために実在する人間が被害にあうことをよしとするのか。

いでに書くならば漫画等この手の規制を行った国や洲では実在の性犯罪が逆に増えたというデータがある。

と、ここまで書けばこの条例が本当に青少年の健全な育成に関与するのか疑問が浮かぶことと思う。

そもそもこの法令は、今年の春に非実在青年などで物議をかもした、東京都青少年の健全な育成に関する条例を改正したとされるものなのだが、月に一度廃案になっているにもかかわらず、そこからわずか半年もたたない月に再提出され、今度は大手出版会社と十分な協議も行われないままわずか一ヶ月にも満たない間に可決されてしまった。

なぜ、前述したような内容的欠陥があるにもかかわらず、このような異常な速度で可決されてしまったのか。

実はこの法案の提出に、志布志事件で左遷された警視庁の元キャリアとその部下東京都青少年治安対策本部長倉田潤同課長櫻井美香が、庁内での権益拡張のために本案を主導しており、また、映倫など独自の倫理委員会を持っていない漫画の出版業界に対し、天下り先として今回の規制団体を置きたい利権政治屋の民主党松下玲子小山有彦鈴木勝博花輪智史大沢昇自民党吉原修三宅正彦服部征夫中屋文孝公明党谷村孝彦小林健二などがそれに同調し賛成に回ったため、このような業界の意見を聞かず、パブリックコメントで送られた反対表明の綴られた1581件の意見を無視した条例が可決される運びとなった、というのは、各人と前後の背景を考えればこれが事実ととってほぼ間違いないだろう。

このように、報道の仕方から、青少年を守る条例とそれに反対する変態集団という風に見ている人も多いと思うが、実態としてはそうではない。

むしろ、過激な性描写の規制という観点でいえば私も含め賛成が多数だろう。

そう、反対派が問題にしているのはそこではない。

現実に存在しない人間を守り、現実に存在する人間を守らないこの条例のどこに意味があるのか。

そして、報道が沈黙している、このような実のない条例を制定した一部政治屋と官僚の悪意に満ちた背景と実態にいてこそ言及し、だからこそ反対しているのである。

そして、実はこの条例まだ問題がある。

いや、むしろここが最大の問題であるが。

この改正案は以前の非実在青年にかわり、非実在犯罪というものに内容を変えてきたのだが。

これは解釈次第では刑罰法規に触れる内容をたとえばバトルものを傷害罪に抵触する、推理物を致傷致死罪に抵触する、といった具合に規制することが出来る。

まり、ワンピースやコナンですら規制対象になる可能性のある。

それどころか、社会風刺画ですら反社会的行為とされる可能性すらある。

これにいては副都知事の猪瀬直樹がそんなことはないといっているが、ツイッター上での炎上や当人の発言が二転三転するなど、そもそも本人が恣意的な解釈がどういうものか身をもって体現しているのでまったく信用できない。

そんなまさか、と笑っているかもしれないが、現に、ニュースでこの条例の詳細にいて聞き及んだことがあっただろうか尖閣諸島の映像流出にいて、海に落ちた海上保安庁職員を中国漁船の乗員がモリで突く画像があったということは政府が支持率がを切ってもづけると言っていられる理由は都に追随するような動きを見せある各地方自治体の目論見はその笑みが凍り付いてからでは遅いのである。

検閲社会化はもはや対岸の中国や北朝鮮だけの話ではない。

この国にも押し寄せてきている。

上記政治家や警察官僚の名前にいては特に覚えていてもらいたい。

今回は漫画やアニメの規制であるが、恐らく次は、アダルトサイトの氾濫を建前に、ネットに規制の輪を広げようとするだろう。

この条例の穴である実写にいて言及する可能性もあるが、実写は撮影団体と政治団体に密な関係があるためネットである可能性が高い。

そうなれば戦後半世紀以上の時間と万人以上の犠牲の上に築かれた日本という民主国家が消滅するまで、そう時間はかからないだろう。

この条例にいて、本稿を通じて一人でも多く疑問を抱いてもらえる人が増えれば幸いである。

長文にお付き合いいただき、感謝を。


0

テ―ションがた落ちで凹み中  

本心がイマイチわかんない不安ばっかりで、本音なんて言えない。


言った所で解決すらしない夜も相手あんまりしないし一緒にしたいことやこれからの事話ししていきたいのに、私に任してる状態だしそれじゃぁ一人と同じじゃん。


4人の生活なのに。


もっと二人だけで話す時間作って欲しい。


でも、彼は今の生活楽しいのかなぁあっちの方が楽しかったんだろうな。


料理の写真とか携帯にとってたけど私の料理は撮ってくれないんだよねどうせ、頑張っても私が本当にして欲しい行動や言葉はかけてくれないんだろうな私が嫌いにならないと自信があるから。


成長しない。


なんど言っても。


だから、やる気でねぇんだょ。



0




AutoPage最新お知らせ