今に見ておれ…!?  

私の亡き父は、今に見ておれ…という気概を座右の銘としていたそうだ。

今に見ておれ…というコナクソ精神。私は見習うべき気概だと今でも思います。
0

私の父は、今に見ておれ…という気概を持って生きた!?  

父の葬儀での弔辞でも読みましたが、私の父は生前心労の多い人生を歩んできました。

しかしながら、本人は『今に見ておれ…』という気概を持って生きてきたと話していました。

それと同じく戦前の日本人は、息をひきとるまで一生懸命生きればあの世では、今までの苦労が報われて極楽へと誘われる…だから、挫けず生きようと考えていたそうです。
0

本当に元号論の翻訳版を作成中です!?  

本当に元号論の翻訳版を作成中であります。日本から企画書を海外メディアに送ると、だいたい3000円ぐらい送料がかかるとのことです。

これから、英語圏⇒中国、台湾⇒ヨーロッパ系の国々⇒ロシア、アフリカ…とあたるつもりです。

どうです?これだけでもやるべきことが、たくさんあると思いませんか?死ぬまで暇なし…てヤツですよ。
0

私の父が亡くなりました(泣)  

私の父は、亡くなる前から「やりたいことはやったので、早く死にたい」と話していました。

人間、晩年はこういう心境になるようです。「何かすることを死ぬまで持つ」これが非常に大事です。これは私の持論です。何かすることを持つ、それも生産性が高いやることを持つ。

つまり、くどいようですが何かすることを持ったため多大なる恩恵をこうむるようにしておかないといけないということです。

私の知っている大成功者の方は、「学校の勉強をちゃんとやれ」と堂々と公言しています。いや、中卒ぐらいで成功している人が「学歴なんて関係ない…」とよく言うのを聞きます。

イチローは「学校の宿題をちゃんとやったか?」と言ってました。つまり、自分で有益。ちゃんとやらないといけない課題をちゃんと毎日やる…これが非常に大事だということらしいです。当たり前かもしれないですが、このことを再認識する必要があるようです。

そのためには、自分の方向性を確認してそれがちゃんと的を得ているのか?身になっているのか?確認したり、人の指摘なんかでチェックする必要がある…私は的はずれなところがあるので絶えず、このことが気になります。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

私の父が亡くなりました(泣)  

私の父は幼少の頃から心労続きの人でした。心労が続いたため⇒思想的なものが発達していった人でした。

今では、オヤジには感謝しております。冥福を祈ります。
0




AutoPage最新お知らせ