架空なる日記

 

はじめに-About this blog-  About

このブログは、仮想世界“white-box”、携帯向けサイトのように簡単に作れるようになった世界を持った主やその住人が日記のように日常を綴る、架空記事専用ブログです。
小説形式(いわゆる「神視点」)で語られることもあります。

現実とは全く関係のない、夢と妄想だけの場所となっております。

尚、このブログはリンクにあります「色彩録*架空日記2」、また旧架空日記となります「架空日記*Hanka」から派生したものとなっており、上記のブログを読まれない限り分からないネタや話の展開がありますのでご注意ください。

管理人・陽炎 錫 (かげろう すず)
0
タグ: はじめに 小説

2010/2/21

カフェに出る幽霊?  つれづれ日記

『うん、どんな話が重要かは問題じゃないんだ。
君とこうして話している間はね。』

ホロスコープキネト(一種のホログラム式映像音声再生装置)の封筒が
波止場にあるカフェのフリーノートにはさまれていた。

同じカフェで撮影されたものだろうか。メガネのやさ男が写りこんでいる。

なにか違和感があった。メガネをした黒い髪の男は何処と無く存在感と言うものが欠けていたように感じたのだ。
続きを読む
0
タグ: フリージア

2010/2/21

マミの戯言  夢幻堂

どうもっ☆ミラの役をずっとやっていたマミだよ☆ミ
マミ男の子だけどどうしてもやりたくて、つい女の子の役やっちゃったんだ。
一緒にいて世話してくれたイシスさんって人はすごく優しくて、うち、すごく楽しかったよ!
続きを読む
0

2010/2/21

OFF会  石須と未羅

私(博士)と百目鬼との出会いをここに記そう。(破れた博士のメモ帳より抜粋)

近未来、日本であるかのような国と世界。

何の変哲もないごくごく平凡な吸血鬼である私は、
毎日のように自分が消えてなくなりそうな不安と恐怖に駆られていた。

ご他聞に漏れず夜行性の私は、インターネットを通じとあるものを発見した。
UG(アンダーグラウンド)などというものは匿名性ネット掲示板の存在によって
かき消されたも同然であるが、だがしかし、UGは存在していたのだ。

【kinetoscope】キネートスコープ。通称キネスコ。
日本人は何でも略したがるのが難点だ。

人に幻覚やトリップをもたらすプログラム。異世界へとの交信プログラム。
「それ」は人それぞれに内容が変わるとてもあいまいなプログラムで、
誰が作ったのかも分からない。海外の一部では死者が続出したため
特に厳しく規制されている国もあると聞く。
表情、動作を読み取る外部ツールを使い、私はそれに没頭した。

何度キネスコを使って死を体験するプログラムを実行に移したことだろうか。
上っ面では死にたがっているのに、本心では消えたくないと思っている。
そんな自分に嫌気がさしていた
続きを読む
0

2010/2/21

博士の読書日和  About

腐れ縁のポルナレフのssが埋まっていたのでサルベージ


博士(ひろし)は科学雑誌やショートショートを読むのが好きで、いつでも読めるよう
薄い単行本を携帯している。そのSSより。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ