2011/6/7 | 投稿者: masp1027



本を何冊も出しています。


でも、お弟子さんたちに、「師匠さんの本、読みな」って、
勧めたことはめったにありません。


「師匠さんの本を読む時間があったら、カーネギーの『人を動かす』を七回読みな」
って言っています。
秘伝の姓名占い


その人が『人を動かす』を読んで、
成長してくれれば、嬉しいんです。


自分の本が売れることなんかよりも、
その人を助けたいって、真剣に思っているんです。


あの本を読んで、中身を変えてほしいんです。


自分の中身を入れ替えれば、あらゆる悩みはなくなります。


私が「『人を動かす』を七回読みな」って言うと、
「えっ、七回もですか?」って言う人がいます。


でも、七回読むのって、そんなに大変でしょうか?


大学に入って卒業するのって、四年かかります。


膨大な学費もかかります。
当たる姓名占い


でも、『人を動かす』を七回読むと、
大学に三回入ったくらい、
役に立つと私は思います。


お金も一冊の本代だけ。


こんなにおトクな勉強法はありません。


いままでに、何千冊と本を読んできました。


でも、『人を動かす』以上にいい本って、
ありませんでした。


評判の名前占い
この本は、すべてのことの「基本」なんです。


『人を動かす』を何回も何回も読んで、
「基本」を身につけたとき、師匠さんの本に書いてあることの
奥の深さがわかるでしょう。


「ああ、こういう深いことを言っていたんだな…」って。


0

2011/3/7 | 投稿者: masp1027



これまで、食モンの陰陽と気候風土の陰陽ちゅう視点から
陰陽バランスの重要性を考えてきたんやが、
陰陽ちゅう視点から料理の意味を考えることもできるんでっせ。


超人気タロット占い師濱口善幸


食モンの陰陽のバランスをとるために大きな役目を果たすのは、
火と塩と力、及び香辛料どす。


火は陽どすから、陰性の食品に熱を加えることによって、
陰陽の調和を図ることができるんでっせ。


どすから、陰性の野菜っ葉もんに熱を加えるのは理にかいならはった調理法どす。


陰性の食モンを生で食べると、
からだを冷やしやすいのや。


お日さん熱を利用した乾モンも陰陽調和を図る昔からの知恵どす。


魚や海藻のシオモンはお日さん熱による陰陽調和の食品どす。


きのこ類は陰性の食品どすから、干ししいたけも、
陰陽調和の保存食やけどアンタ、
お日さん熱で干したもさかいへんとビタミンDはあらしまへん。


きょうびは人工乾燥のモンがおーいさかい、
干ししいたけをこうたら、
自宅でお日さんにあてておいた方がええのや。


塩は陽性どすから、やはり陰性の食品の陰陽バランスを整えまんねん。


0学占い


どすから、陰性の野菜っ葉もんを塩もみにしたり、
お漬モンにしたりするのは陰陽のバランスをとるためのええ方法どす。


お漬モンでは、塩を加えた上に圧力をかけまっけど、
力を加えると食品は縮むさかい陽性はんどす。


にぎる、こねる、もむ、どつく、圧力をかけるやらなんやらの加工法はみな、
食品を陽性化する手段どす。


たとえばやなあ、麦はお米よりも陰性の食品やけどアンタ、
おうどんのようによくこねることによって、
陽性が加わり、固くてずっしりとした食品となるんや。


よくこねるほど、「腰が強い」といって歯ごたえのあるおうどんになるんや 。



絵文字素材掲示板
0




AutoPage最新お知らせ