2013/7/13

「理想のKAITO像」への補足説明  二次元

ハッシュタグが「#理想のKAITO像」のため、こういう題名になっていますが、
どちらかというと「息子さん(KAITO)ってどんな人だろう?」と考えた結果です。

ぼんやりとしたビジョンは、これまでずっと持ち続けていたのですが、
Twitterでタグが回ってきたのをきっかけに、一通り挙げ連ねてみることにしました。
(タイムラインには完全に乗り遅れたけど…うぅっ学会発表…。)

まぁ何といいますか…こういうのって嗜好がモロに出ますよね、モロに出ますよね。
(大事なことなので2回言いました。)
それに、すごく…風雅親子です(爆)。

字数制限もあって書き逃げ状態になったので、改めて解説も含め整理した次第です。

従って、以下、非常に長い自分語り+"風雅さん"を連発しておりますが悪しからず。



…っていうか、まず以って"息子さん"という呼び方について(そこから!?)、

勿論、"中の人"風雅なおとさんがKAITOの"お父さん"といわれることに由来しますが、
双方をほぼ同時に知って、風雅さんを好きになるのが一瞬早かったんですね。
だから、未だに"(お父さんの)息子さん"としての存在が先にくるわけです。

"うちの息子"では断じて、ない!!

とだけ、念を押しておきます。^^;

…今度こそ、始まります。

−−−−−−

【風雅海人(風雅カイト)】

名字を付けてください、ついでに漢字表記も…と言われたら絶対こうする!!

島唄」をはじめとする親子共演動画のタグやコメントが発端です。
そもそも"カイト"と風雅"なおと"さんの語呂が似ているから統一感出るし、
"海人=うみんちゅ"でカイト、というのも「島唄」に掛かっていてピッタリかと。
云年前、まさしくこれらの動画を見て、風雅親子のファンになりました。

この名前がまた、「海渡る風の唄」にもしっくりくるから、何ともはや…。

---
【24歳】

もっと正確にいうと、"大学は卒業したけどアラサーには至っていない"。
逆に、めーちゃん(MEIKO)は"26歳=アラサーに片足突っ込んだ"くらい。

大人っぽさと青さの両方を持っている感じ。

---
【170cm代前半】
【60kg代半ば】


周りの男性陣からの推測です。
うーん、現実主義な手法で夢がない…。

何となく想像付くかもしれませんが…研究者の男性、細身の人が多いのです。
ある時、男子数名で低体重談義(!!)をやっているところに遭遇しまして、
うち一人曰く「僕くらいの身長なら、普通60kgはありますよ」とのこと。

そんなわけで、身長は彼らのうち「この人くらいかな」で、
体重は60kg+細マッチョ(後述)の筋肉の重みということで、こうなりました。

…だったんですが、呟き書いた当時は。
改めて調べてみたら、20代前半男性の平均身長・体重とほぼ同じなんですよね(驚)。

つまり…平々凡々ってことでFA!!

…男子達、大丈夫か…!!!???

---
【隠れイケメン】

がくぽ殿のように麗わしいオーラを放っているのでもなく、
ZOLA PROJECTのようにぴかビカ☆きらギラ輝くわけでもなく、

「あれ?よく見るとなかなか整った顔立ちじゃね?」的な…(滝汗)。

一言でズバリ説明するのに割と苦労するんですが、
「夏目友人帳」の某関連本にて、夏目君の容姿をこのように表現していたので、
そのまま使用させていただきました。

---
【細マッチョ】

細身といっても色々あるわけですが(強調)。

風雅さんは、運動をされていて引き締まっている系のほっそりさんなので、
息子さんも同系統…だといいなぁ、
夏目君的な"もやし・えのき・白アスパラetc."タイプではなく…、

と思っていたら、V3の設定画が本当にそうだったから、
「にゃあああぁぁぁーーーーー!!!!!」
…ってなって、慌てて動画用の絵を描き直した、そんな2013年1月終盤…(遠い目)。
(※誕生日動画参照。)

夏目君、何かと引き合いに出してごめんなさい。
君は君でそこが良いんだ!!


---
【穏やか・優しい・真面目・謙虚】
【地味・天然ボケ・ヘタレ等と思われがち】


"(上段)であるが故に(下段)"と思って読んでください。

…居ますよね、そんな人…。

---
【頭は悪くない】

実際に調声を行っての印象です。

ルカ嬢(巡音ルカ)だと歌い方に独特の癖があって、
「あぁ、君はそんな風に歌う人なのね」という事態が結構起こりますが、
息子さんはV1にしろV3にしろ「想定通り」なことが多いです。

とりわけV3になってから、知的なイメージが強まりました…。

---
【仕事熱心】

"仕事を選ばない"親子ですからね!!


【後天的バイリンガル】

ちょっと語弊のある書き方になってしまったのですが、

ルカ嬢は、当初から日英両方に対応していたこともあってか、
生活の中で自然に英語を身に付けた"帰国子女系バイリンガル"という雰囲気です。
大学の"国際ほにゃらら学部"とかに通っていそうな…???

一方息子さんは、後から英語が追加されたことで、
ガッツリ日本語で育ちつつ、後から試行錯誤して習得したパターンに思えまして。
(あるコミュニティでは"純ジャパ"と呼ぶらしい。)

ちなみに、言語習得の研究対象としては、後者にかなり興味があります…。

---
【とても美味しそう・幸せそうにアイスを食べる】

これは…自分です(苦笑)

食堂の100円アイスが値上がりする前(笑)は、
とにかく毎日、昼ご飯の後のデザートとして食べていたんですけど、
ある日その様子を見た某友人が言うには(要約)「表情がいかにも幸せ」ですと。

アイス大好き仲間として、息子さんもきっとそうだろう、ということです。

しかし…自分で自分の顔を見たわけではないので、未だにどんな表情なんだか…。

---
【激辛が苦手】

虚空戦士マジスパイダー」から。

この点だけ、風雅さんと真逆です。
一番辛い"虚空"も平気で食べられるらしいので。

---
【お酒はほどほど】

風雅さんが…(ry

---
【猫派】

風雅さ…(ry

---
【ファッションセンスが謎】

…はい、やっぱり風雅さんの影響です…。;;;

強烈過ぎてつい某親子絵に描いてしまった、油絵柄のトップス+中尾マフラーに、
ライブの時も着られていた、「これでも地味」らしい特撮コンサートでのお衣裳、
かと思うと、通われるのはとってもリーズナブルな衣料品店「のとや」で…。

…何だか、それを受け継いでいる気がしてならず…。

ってことで、普段着モードのつもりで描いた、誕生日動画の息子さんの絵では、
字幕にも出していますが、「のとや」のTシャツを着ている設定になっています。

オンステージ用の勝負服は、絵師の方々が沢山デザインしていらっしゃって、
息子さんに限らず、VOCALOIDの皆さんは幸せ者ですね!!
(たまに裸の王様もあったりしますが…。)

---
【お父さんにそっくり】

結論(恐縮)。

---
【V1とV3は同一人格扱い】

バージョン同士、或いはライブラリ同士で独立させた創作物も目にしますが、
自分の中では"一人の人物の違う側面"の方がしっくりきます。

−−−−−−

…補うこととしては以上です。

あとは、

一人称は、場合にもよるけど、基本"僕"だろうか
 ⇒風雅さんが"私"だから、上品寄りで
ギターよりピアノを弾いていそうな印象
 ⇒初めて見た風雅さんの写真にピアノが映っていた&ギターは拝郷さん!?

等々、思案はするものの…やっぱり風雅さんじゃないか!!

すみません、こんな脳内で(ジャンピング土下座)。

何でしょう…全体的に、
「○○だと想像していたら、風雅さんがそうだった、
 じゃあ息子さんも然りだ。」

という思考回路のようで…。
無限ループに陥った模様です。

あまりに申し訳ないので、息子さんと何かに取り組む際は、
できる限り仕事を選ぼうと思います。

それにしても、色んな方々の"理想のKAITO像"を拝見していると、
同じ声・容姿に基づいた人物像にもかかわらず、多様さに驚くばかりです。

そこから始まる創造性を大切にしていきたいものです。
タグ: VOCALOID



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ