2011/2/16 | 投稿者: masp1027



朝食の献立に欠かせないものは、まず糖質ござんで。


糖質は、ご飯やパン、麺類に含まれておいもす。


炭水化物といったほうがわかりやすかかもしれません。


正確にいうと、炭水化物にな食物繊維も含まれておいもんで、
食物繊維の含まれておらん炭水化物と思ってくいやんせ。


脳は、エネルギーとして糖質が必要ござんで。


以前、脳は糖質しか受け付けんといわれてきましたが、
最近の栄養学ではケトン体ちゅう脂肪の分解されたものも
栄養になっとるこっがわかりもした。


そいどん、脳の栄養のほとんどは糖質といってよかんそ。


おいたちが主食とすうご飯、
それにパンや麺類はでんぷんといわれる、
糖質がいくつも集まった多糖類ござんで。


糖質がひとつだけのもんのほうが
分解すう必要があいもはんで吸収も早かござんで。


糖質がひとつのもんを単糖類ほいならと。


ブドウ糖や果糖ござんで。


ブドウ糖は、でんぷんなどが分解され、
体の中に吸収される最終の形ござんで。


果糖は果物に含まれとる糖質で、
ブドウ、ラ・フランス、梨、リンゴなどに比較的どっさい含まれておいもす。


AKB48xSEREND≫つながれ母校選手権!


「朝の果物は金」とゆうといわれもすが、
果物に含まれとる果糖が、
栄養を欲しかっとる朝の体(や脳)に最適だちゅうこっんそ。


二糖類は、砂糖、乳糖、麦芽糖。


乳糖は、ほ乳類の乳汁に含まれとるもで、
母乳で約7%、牛乳で約5%含まれておいもす。


麦芽糖は、水飴やサツマイモに含まれておいもす。


多糖類といわれるのが、でんぷんござんで。


糖質がいくつも集まっとるで、
分解され吸収され、
体の中でエネルギーとなるのに多少時間がかかりもす。


おいたちの食生活ではいちばんなじみのあるご飯が多糖類ござんで。


朝食は簡単なパン食ちゅう人も、
ご飯党に変えてみてはいかがんそ。


主食をご飯にすうと、
副食としてとりやすかもんがいくつもあいもんで、
朝食ではとくにご飯がお勧め。


準備が面倒ちゅう人は、
前の晩にちっと用意をしておくとよかと考えもす。


最初は多少時間がかかるかもしれませんが、
慣れてくれば簡単につくるっちゅうごとなるでしょうし、
ご飯をくうたほうが午前中の体の動きもゆうとなってくると考えもす。


なんといっても、でんぷんや果糖といった糖質が、
脳を目覚めさすっためいも体の栄養補給いも、
朝食にな欠かせません。



スレンダートーンエボリューション
0

2011/2/16 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ