2013/8/14 | 投稿者: mori

私がまだ18歳の頃の話です。

友達が「本当に良く当たる占い師がいる」と言って、一緒に行こうと薦められました。

私は占いなどの根拠の無いものは一切信用しないたちで、「高いお金払って嘘つかれに行くのイヤだな〜」などと思いつつ、友達の付き合いで始めての占いに行く事にしました。

私は当時まだ付き合って間もない彼氏がいて、占いのその日は12月23日だったので、「明日のクリスマスデートでどこに行けば吉か」とか聞いてみようと思いました。

そこはいかにも怪しげな空間でなぜかマンダラみたいなポスターとかドリームキャッチャーみたいな物がたくさん飾られていて、正直呆れながら順番を待っていました。

そして入ると水晶と数珠をつけ、ジプシーの格好をしたなにやら統一性のない占い師が現れました。

生年月日や名前などを聞かれ、占ってほしい事を聞かれたので「付き合ったばかりの彼氏と楽しいクリスマスを過ごしたいんですけど・・」と聞いたら、ほんの数秒で「行くのはやめなさい」と言われました。

私は頭にきすぎてしまい「わかりました」と言って立ち上がり退室しました。

向こうも面食らったようで、「えっ?ちょっと?あなた」とか何とか言ってましたが、もう相手にするだけ無駄と思い、カーテンをシャッとしめて帰ってしまいました。

友達も「え?早すぎじゃない?」とえらくビックリしていました。そしてクリスマスイブの日、もちろん私は占いなんて信じていないので、思いっきりおめかしして約束の場所に待っていました。

が、一向に彼が来ないのです。

電話しても通じません。

結局3時間くらい粘ったけど来ないし、電話も通じない。

唖然としながら家に帰り、彼の連絡を待つも来ない。

結局占い師の言う通り行かない方が正解だったのです。

私は一人自宅のベッドの上で「ほんとに当たったよ。あんたはすげーや。」とか言いながら涙を流しました。

もう少しお話し聞いておけば良かったです。

クリスマス占いって当たったりするんですね。

ちなみにその彼からは電話はその後もかかってこず、自然消滅しました。

もう情けなくて涙も出ませんでしたよ。

でもそれも今ではいい笑い話です。

0

2011/2/26 | 投稿者: mori

有名占い師さんの携帯占いサイトも、本当にたくさん出て来ましたね。

星占いだったら、鏡リュウジさんとか、タロットだったら、原宿の母の占いとか、それぞれにお気に入りの占い師さんがいると思うんですが、私が一番好きなのは、橘さくらさんです。

運命日占いが有名ですが、けっこう当たるんですよね〜。

雑誌「Numero Tokyo」でも占いが載ったりしてるので、見かけた人も多いのではないでしょうか?

どれだけ当たるかは、ツイッターで「橘さくら」で検索かけると面白いです。

当たってる〜!って感想が続々出て来ますよ。

雑誌の占いで、それだけ、けっこうな確率で当たる、ってすごいですよね。


0




AutoPage最新お知らせ