2009/10/12

平均寿命について  人間平均寿命

平均寿命について

各年齢の平均寿命についても、前年に比べて、男女とも全年齢で上回る結果となっています。また、男.女の平均寿命の差は、6.80年で、前年より0.01年縮小しました。平均寿命の延びを死因別に分析すると、悪性新生物、心疾患及び脳血管疾患などが平均寿命を延ばす方向に働いていることがわかりました。

平均寿命の国際比較を見ても、日本はダントツでトップ。他の国でも、だいたい70年前後や70年以上のところが多いのですが、日本はそれだけ健康に暮らせているということでしょうか。生まれてきたことを感謝しながら健康管理、精神管理を怠らないよう、ありがたい生についてあらためて考える機会にしてもよいかもしれませんね。

人間の寿命は寿命を示す細胞によって決まるといわれており、それによると最長で150年とされる。しかし生没年月日が判明している者で、150年生きた者はいまだにおらず、ジャンヌ.カルマンの122年164日が最長である。そのため、120年前後ではないかとする説もある。 また、心拍数によって決まるという説もある。
0

2009/10/12

平均寿命の長さ  人間平均寿命

平均寿命の長さ

平均寿命の長さが長くなっても肉体の老齢化の進み具合はあまり差が出てこないため、労働人口が増えるわけではなくむしろ増大した高齢者の生活を若年層が支えていくために負担が大きくなる傾向にある。平均寿命の延長は「老齢時代の長期化」に近い。国別平均寿命ランキング以下、世界保健機関(WHO)の世界保健報告2007年度版(TheWorld Health Report 2007)2007年5月18日発表による。

日本の男性の平均寿命は79歳で世界第2位(1位はサンマリノで80歳、3位はアイスランドで78歳)。日本の女性の平均寿命は女性86歳で世界一。 日本は2006年統計まで男女とも「長寿世界一」だったが、2005年には男性寿命79歳で2位だった。 平均寿命が最短なのは男性がシエラレオネ、女性がスワジランドで、それぞれ37歳。

これらの関数は、男女別に各年齢の死亡件数と中央人口(7月1日現在)を基にして計算されており、その関数値は現実の我が国の年齢構成には左右されず、死亡状況のみを表しています。そのため、我が国の死亡状況を厳密に分析する上で不可欠なものとなっています。
0

2009/10/12

米国特許の貞操帯西洋における反オナニー思想  オナニー方法

米国特許の貞操帯西洋における反オナニー思想

1903年にAlbert V. Toddが出願した米国特許の貞操帯西洋における反オナニー思想はさまざまな器具の考案を生み出した。一例として、右図はオナニーの誘惑から青少年を守るために考案された貞操帯の特許である。青少年のペニスを図のサックに挿入し、ベルトを腰に巻き固定する。本人にはこの器具が外せないようになっている。

もし、本人が誘惑にかられて、ペニスに手を伸ばしてオナニーを始めると、大きな警報がなり、周囲の注意を喚起せしめるようになっている。警告にもかかわらず本人がオナニーを続けると、器具につなげられた電気回路が作動して電撃がペニスに走り、一気に萎えさせるような仕掛けになっている。ただし、この器具がどの程度普及したかどうかという記録は残っていない。

このような装身具は子供用にもつくられており、電撃はないが安易に性器を刺激できないよう堅い皮製のパンツ(男児はペニス部分がペニスサックのようにとびたし、女児には性器を覆うような形をしたもの)や女児用にミキナスとよばれるショーツをはかせ、性器を手で刺激しにくいようにしていた。しかし、実際にはなんとか快感を得ようと物に押し付けたりしてオナニーしていたようである。

0

2009/10/12

オナニーの非道徳性  オナニー方法

オナニーの非道徳性

近代のプロテスタント運動が高まった時期にも、オナニーの背徳性の教えが説かれた。ただし、オナンの罪とは、正確には生殖を目的としない射精行為でも、無駄に精液を地に漏らしたことでもなく、古代社会のレビレート婚の掟を破り、兄の未亡人に子供を与えねばならぬ義務を果たさなかったことである[要出典]。おそらく時代の風潮にあわせて、オナンの罪の内実は、微妙に意味をすりかえられてきたのだろう。ゆえに、西洋の反オナニー言説を「宗教の産物」と短絡はできない。

モッセによると、十八世紀以降の反オナニー言説はナショナリズムの産物である。事実、日本でも反オナニー言説は、少なくとも江戸期からあり、また、明治期には広く流布している(「日本におけるオナニーの歴史」の項参照)。

さらに夫婦間の性交にあっても、生殖を目的とせず快楽のためにもっぱら為される場合には宗教的罪悪感を伴うとされる。両宗教が支配的な文化では、涜神と性的快楽のイメージが強く結びついていることが他の文化との大きな違いのひとつとなっている。
0

2009/10/11

子どもの自慰  自慰行為画像

子どもの自慰

幼い子どもの自慰と思春期以降のマスターベーションは基本的にまったく違います。むしろ大人側が子どもの恍惚とした表情 や、汗をかいて夢中で性器を刺激する姿に、見てはいけないもの、ポルノ的なものを感じていたたまれなくなるのではないで しょうか。 相談された先生にはこのように伝えました。

子どもが耳たぶや鼻をいじる癖があってもびっくりしたり、やめさせたりしないでしょう。性器いじりもそれと同じで、子どもは単に気持ちがいいからさわっていると思えばいいのですよ 。でもあまり鼻をほじっている子どもには「そんなに強くほじると鼻の穴が大きくなるよ」と言ったり「鼻血がでるよ」と注意しますね。それと同じに注意をすればいいと思いますよ。注意のコツもあります。

あまり恍惚感に浸られても見ていて、いい気持ちはしませんから 「おうちに帰って自分のお部屋でしなさい」と伝えたり 男の子場合はトイレでオシッコをしたときに直接握ったり、性器をおもちゃしているうちに自慰に発展する場合がありますから「手が汚れているとばい菌が入るから気をつけてね」と言えばよいのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ