2010/5/16

薬やサプリメントによる若はげ  

サプリメントや薬の摂取によって
若はげになっている人も多いようです。
若はげなどの対策用として用いられる薬や
健康食品などの摂取による脱毛が、
近年脱毛症や若はげの原因として考えられるようになりました。
若ハゲや脱毛症の原因となるものには、健康食品、サプリメント
プロテイン、皮膚科の薬、ハンドクリーム、美容食品などが
具体的にはあげられます。
誤った薬やサプリメントの使い方はや過剰摂取は、
身体の機能を低下させます。
毛髪の毛母細胞の衰弱につながり、頭皮に悪い影響を
与えることがあります。
過剰なシャンプーなどと同様、若はげの対策のつもりで
行っていた事が、逆に頭皮や毛髪に悪影響を
与えてしまうという事例です。
酸素と栄養素が育毛に必要な条件で
頭皮の汚れは若はげの原因になってしまいます。
頭皮が汚れで覆われると皮膚呼吸が妨げられ
髪の毛を作り出す毛母細胞への
酸素補給が不足します。髪の毛が細くなったり
毛が抜けるのは若はげの原因です。
酸素補給が不足すると毛母細胞は次第に弱っていき
このような原因のもとになります。
若はげのもっとも大きな原因は、
頭皮の汚れが毛母細胞への酸素補給を妨げることなのです。
一番大事な若はげの対策は、正しい方法で頭を
清潔にすることだといえます。
やみくもに薬やサプリメントを過剰に摂取しないように
注意が必要です。
0

2010/4/11

シャンプーによる若はげ対策  

若はげ対策をシャンプーによって
行っている人はたくさんいるようです。
思春期を過ぎたころに若はげは起こります。
遺伝的背景を持つ男性の前頭部から頭頂部でよく起るようです。
女性でも頭頂部を中心に同様の変化がみられることがあります。
はげの対策としてシャンプー以外にも
解決方法はいろいろありますが、若はげ対策の中には
間違った方法が説明されていることもあるようです。
若はげ対策としてシャンプーによるものは代表的な方法です。
若はげの対策としてよく間違われる点は、
皮脂が育毛を妨げているという認識です。
皮脂を全て洗い流してしまうほど強力なシャンプーが、
若はげなどの対策として出回っています。
この影響で小学生までが脱毛症をおこしているケースがあります。
成人だけではないのです。
頭皮や肌を乾燥などの肌のトラブルから防いでくれるのが、
皮脂でありそのために分泌されているのです。
強い洗浄力のシャンプーを使用し続けると、
頭皮に肌荒れが起ってしまいます。
これは若はげの対策どころか、逆に脱毛症を
発症させてしまうことになりかねません。
今は髪の毛が汚れること自体に敏感になりすぎている傾向があり、
若はげの対策というものだけにとどまっていません。
すべてにおいて清潔さが好まれる世の中なのです。
シャンプーを過剰にしてしまったり、
強いシャンプーをついつい使用してしまうのかも知れません。
0

2010/4/10

若はげの対策  

20代や30代前半からでも髪が薄くなり
若はげになってしまうことがあります。
このような若はげの原因になるようなことを
続けているとその可能性は高くなります。
なるべく早いうちから、若はげにならないための
対策をしておくべきでしょう。
若はげと一般的い言われているものは、
実は男性型脱毛症です。
これは壮年性脱毛症とも言われます。
脱毛症状が主に30〜40代から
目立ってくるのが若はげです。
1本1本の頭髪が細くなるため、
頭皮が透けてうすく見える状態になります。
脱毛がこのように気になり始めたら、
早めに若はげの対策を
講じるようにすることをおすすめします。
0

2010/4/7

若はげの原因について  

若はげの対策講じるようになったり
若はげが気になりだすのは
だいたいいつごろでしょうか。
若はげが気になりだしたり、
実際に髪の毛が薄くなってくる年齢、
また若はげの程度は個人差があり、人によってさまざまです。
いつごろから具体的に若はげの対策を
するかというのも個人差があります。
18歳前後から早くも脱毛が始まる男性もいるようです。
脱毛が始まる年齢もさまざまなのです。
若はげには年齢や進行のスピードにかなり幅があります。
ですから30代後半から急激に脱毛が進むこともあるのです。
若はげの原因には、遺伝のほか、ストレスや偏った食生活、
不規則な生活などがあります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ