2010/2/1  1:19

白石明彦(『朝日新聞』編集委員)「アナーキスト詩人 秋山清著作集 完結」  反響集

 抵抗詩「白い花」で知られるアナーキスト詩人秋山清(1904〜88)の業績をまとめた『秋山清著作集』全12巻(ぱる出版)が完結した。権力と権威を認めずに生きた自由人の魅力に満ちた著作集だ。
 一貫してアナーキズム系の文学運動に携わり、戦前は小野十三郎と詩誌「弾道」を、戦後は金子光晴らと「コスモス」を創刊した。著作集には乃木稀典らを採り上げた詩人論集『近代の漂泊』、「政治と文学」論争にかかわった『文学の自己批判』、夢二論『竹久夢二』などの主著を収める。
 戦時中の「白い花」を「当時の日本における唯一の抵抗詩」と評したのは吉本隆明氏。妻子や故郷をおもいながらアッツ島で戦死した兵士を描き、戦争の非人間性を浮き彫りにした。
 文学者を統制した日本文学報告会にも加わらなかった秋山だから、高村光太郎ら詩人の戦争責任を追及する筆は鋭い。
 戦時中、「あなたの戦争詩が気に入らぬ」と光太郎を批判し、「発表しているばかりが私の詩ではない、私の詩は別にかきつつある」という意味の返信に絶望する。
 「戦中は戦争詩、戦後は民主主義詩人であり得た日本の詩人の転向の揚げ底的な浅薄さ」を論じた文章は、40年後の今も重い。
 編集委員は秋山雁太郎、奥沢邦成、久保隆、暮尾淳、黒川洋、高野慎三の6氏。本体価格は各巻3200〜6500円、別巻のみ8000円。

(『朝日新聞』07.5.15付)

4



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ