高知は海の国 山の国 お陽様の国  目の前全てが太平洋 山林面積率日本一(84%が山!)日照時間が日本一!

2011/2/23

お詫びとお願い  

 情けないことに、拍手コメントというものがあることを本日初めて知りました。
自分のブログなのに、十分使い方を知らなかったという不明をお詫びします。初めて開いて読ませていただいたコメントには、返事が必要なもの、無いものがありますが、返事を求められていた皆様にはご無礼をしました。かさねてお詫びします。

 いまからでも間に合いそうな回答やお返事は、これからこのブログに書いていきます。

 拍手がはじまって以来ですので、古いものでは2009年からになります。ただ、この拍手コメントには返信コメントを書くことが出来ません。返事や回答が必要なコメントは本文のコメントに書いていただきたいと思います。

 どうかよろしくお願いします。
                        2011年2月23日
4

2010/9/28

龍馬と袂石  浦戸湾

 浦戸湾
 
 浦戸湾と新堀川を取材に来られていた読売新聞秋山記者からお知らせをいただきました。

「観光船から川と湾の様子を見させていただきました。その際に取材した内容を、夕刊写真コラムとインターネット版ブログに掲載しました」。


読売新聞写真部ブログ「写旬こぼれ話」 http://blogs.yomiuri.co.jp/shashun/
 で読めます。

 『高知県高知市の表玄関、浦戸湾。その湾口部近くの海岸に坂本龍馬と縁のある巨岩、「袂石」(たもといし)があります。大昔、崖から転がり落ちたものと伝えられていますが、少なくとも、龍馬が薩長同盟や大政奉還成立に力を尽くした時代に、そこにあったことは間違いありません。』同記事から引用。

 先日、アカメと自然を豊かにする会の事務局長上杉さんに「袂石」をしっちゅうかよと聞きました。「知っちゅう」。有名な巨石のようです。

 浦戸湾を守る会と市民が埋め立てから守っている浦戸湾西部にあります。
4

2009/10/8

「奇跡の海 浦戸湾」 NHKの全国放送で  

 「とさ金 奇跡の海 浦戸湾」の再放送が3回あります。

「とさ金 奇跡の海 浦戸湾」
再放送 21年10月19日(月) 午前11:05〜11:30 (高知県ローカル)

「地域発!ぐるっと日本」 内にて
放送  21年10月25日(日) 午前10:05〜11:30(全国放送 ※ただし東海・北陸地方、近畿地方、北海道地方を除く)

「とさ金 奇跡の海 浦戸湾」
再放送 21年11月6日(金) 午後3:00〜3:25 (BS2)


 この番組は浦戸湾を守る会の事務局長 田中正晴さんとアカメと自然を豊かにする会の長野と上杉さんがNHK高知放送に申し入れて実現したものです。
 上杉さんとアカメの標識放流で活躍している岡田 勝さん、アカメも出演しています。また高知大学教授 町田吉彦さんも出演しています。

14
タグ: 浦戸湾

2009/10/8

09.10.4新堀川  新堀川

 2009年10月4日、第5回新堀川生き物観察会がひらかれました。

クリックすると元のサイズで表示します
画像:横堀公園横をかるぽーとに向かって流れる新堀川、川の中にみえる緑はコアマモ群落。

クリックすると元のサイズで表示します

 新堀川は江の口川から新堀小学校前まで道路拡張のためその下敷きになってしまいました。
 この道路の下にはシオマネキの生息地があり、コアマモ群落のあるみごとな自然の宝庫でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 江戸時代、舟をつけ荷物を揚げ下ろす石の階段(がんぎ)など貴重な遺跡も埋められてしまいました。
 道路をつくるため絶滅危惧種であるシオマネキは拉致されてどこかに捨てられ(移殖という説明)てしまいました。また同じように絶滅危惧種であるコアマモは引っこ抜かれ(移植という説明)てしまいました。
 いまどきこれほどの乱暴な公共工事というのは聞いたことがありません。さすが高知の土木事業というのはすごい。立派なものです。

 絶滅危惧種への、こうした方向を示した学者たちの専門家会議というのもすごい。ここまでやってしまうともう「お見事!」というしかありません。みなさんは「御用学者の鏡」として後世まで、歴史に残ることでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
 画像:巣穴から出てこようとしているシオマネキ

 これほど痛めつけられたのですから心配していましたがそこはどっこい。昔のまま、わずかに残されている新堀川にはコアマモ(一番上の画像参照)もシオマネキも立派に生きていました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 橋の上からシオマネキを観察、右岸にも左岸にもシオマネキはおりました。8匹以上を確認。望遠鏡でかわるがわる覗いてお食事の様子などを見せてもらいました。またコアマモ群落を見ていると色々な魚が泳ぎ、ときには大きなボラ、スズキなどが姿を見せてくれました。びっくりするほどたくさんいたのはマハゼです。時間があればハゼ釣りを楽しみたいと思ったものです。そして、圧巻はエガニ。茂ったコアマモのなかから全身を現し、観察しているみんなをびっくりさせました。
 「で でかい!」。
「あれが1キロ1万円!」など下世話な声も。

クリックすると元のサイズで表示します
 画像:左から阪元匡祥さん、筆者、成川 順さん
 
 豊かに茂った海草コアマモの中をネットで探り生き物を採集しました。一番多かったのがガンテンイシヨウジというヨウジウオの一種、準絶滅危惧種とされているギマが2匹、またカワアナゴも。アカメも次々ととれました。

クリックすると元のサイズで表示します
 画像:採集された生き物を覗き込む未来の自然科学者?

 採集した生き物の同定をしてくれたのは2006年の第一回目から参加し、高知大学学生のときから町田先生のもとで浦戸湾の魚を研究テーマにしてきた阪本匡祥さん。
 「これは何?」「これは?」「これは??」子供の疑問に丁寧に答えていました。

クリックすると元のサイズで表示します
 画像:いつもの逆立ちのポーズをとったアカメのこども

クリックすると元のサイズで表示します
 画像:中央手前で斜めにポーズをとっているのがガンテンイシヨウジ

 この日の観察会で、採集された生き物は
●アカメ(9尾) ●ヒナハゼ ●シマイサキ(スミヒキ)●ガンテンイシヨウジ ●ミズクラゲ ●カワアナゴ ●ギマ ●ウシエビ ●マハゼ ●アイゴ ●ウロハゼ ●アベハゼ  などでした。

 視認された魚類他

●チヌ ●スズキ ●ボラ ●エガ二 ●シオマネキ8個体(♂6個体 ♀2個体) ●トビハゼなど。

クリックすると元のサイズで表示します
 画像:放流する成川さん

 採集した生き物はすべて元の場所に放流しました。
28
タグ: 浦戸湾



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ