2012/12/11  23:09

第24回 コスモス忌のご案内  コスモス忌案内

 立冬もすぎ、寒さに向かう季節ですが皆さま元気でおすごしでしょうか。今年も秋山清とその仲間たちを偲ぶ――コスモス忌のご案内をさし上げます。
 今年の講演は評論家の芹沢俊介さんにお願いいたしました。
 芹沢さんは1943年生まれ。文芸評論はもとより、1970年代以来、現代の家族や学校の切実な課題、子どもたちの問題を独自な視点で捉えつづけていらっしゃいます。『母という暴力』、『家族という暴力』などの著書のタイトルにどきりとさせられてきました。
 1975年から76年にかけて雑誌「詩の世界」に三度にわたって「秋山清論」をご執筆くださっています。
 1978年出版の秋山清詩集『季節の雑話』には、「反逆の根拠」という解説を、また先年、ぱる出版から出された『秋山清著作集』には月報の文章を書いてくださっています。
 今年の会場も昨年と同じ築地の本願寺です。昨年は本堂が工事中でしたが、今年は改修もなり、堂内くまなく見ることができますし、お天気に恵まれれば、こんどこそ境内の散策もしていただきたいと思います。

〇日時 2012年12月15日(土曜日)、13時〜17時。
〇場所 築地本願寺本堂内講堂
    東京都中央区築地3-15-1(TEL:03-3544-0551)

〇プログラム
   第一部 芹沢俊介「秋山清の詩をめぐって」、13時〜15時。
   第二部 懇親会  15時30分〜17時。

〇会費  2500円 第一部のみ参加の場合は500円
     ☆受付は12時よりいたします。

□問合せ先 〒162-0801 東京都新宿区山吹町311 坂井事務所
       FAX:03-3260-4263
0

2011/11/26  15:30

久保 隆「第23回コスモス忌(佐々木幹郎『秋山清の世界』)・報告」  コスモス忌案内

 2011年11月19日、雨が降る中、秋山清を偲ぶ会でもある「コスモス忌」が行われた。今年の会場は、新たに築地本願寺本堂内講堂である。関東大震災時に避難場所となったという築地本願寺での今年の「コスモス忌」というのも、なにかの機縁というものだろうか。そして佐々木幹郎氏による講演『秋山清の世界』は、3.11東日本大震災(福島原発事故)と関東大震災を指向変容させながら、秋山詩へ論及していく画期的なものだった。しかも、予定の1時間半を大幅に超える2時間にも及ぶ熱い講演であった。
 日本の近現代詩史を望見して、現代詩というものを『赤と黒』(参加同人=岡本潤、萩原恭次郎、壺井繁治、川崎長太郎、後に小野十三郎)の発刊(大正12年)に始まるという提起。さらには関東大震災というものが、若い世代の詩人たちを突き動かす契機となったと捉えていく。大正12(1923)年、秋山清は十九歳、中原中也は十六歳、そして宮沢賢治が二十七歳だったが、ともに、ダダイストを標榜していた辻潤との接点があり、明らかな影響下にあった。

 「詩とは爆弾である! 詩人とは牢獄の固き壁と扉に爆弾を投ずる黒き犯人である!」(「赤と黒」表紙に印刷された萩原恭次郎による宣言)

 「私は『赤と黒』の同人たちが性急すぎて見える否定的発言とともにアナキズムに到達したこと、その詩型と詩意識の変革の活動における芸術革命の自己とのかかわり、あるいは意識的な否定的表現の由って来たる自己への責任と、中浜(哲)、和田(久太郎)らテロリストの文学との共通的な存在理由の中には、もっとも大きく芸術へのふかい関心があったのだと信ずる。後のプロレタリア文学にはエゴの生きる場がない。ニヒリスト、テロリストの芸術観には、自我のもっとも大きな反映がある。あるいはエゴそのものが生きている。」(秋山清『アナキズム文学史』)

 関東大震災という想像を絶する災禍を乗り越えるための様々な動態を、詩表現から捉えなおすことの視線は、3.11以後の現在をも包括しうるものだといっていい。
 
 そして、わが秋山清がやがて到達した詩法とでもいうべきものが「現実をして語らしめる」ということであった。

 「明日の希望が目に見えぬとき詩人の自我は、自己に恃むことと現実を見ることの、二者合してのリアリズムを内にひそめたる手段手法しかなかったのである。呼びかけ叫びかけるのがプロレタリア詩とすれば、我が目に見えたことの証拠を文字に綴る態の、物いわぬ詩法がわれわれに残されたただ一つのものであった。」(『同前』)

 佐々木氏は、詩集『白い花(一九三五〜一九四五)』(1966年刊)所収の「雨」以降、「早春」の連作(七年間、毎年一篇、東中野から下落合上高田の墓地裏までの風景を描くという同一主題でつくられた)に着目していく。「現実をして語らしめる」という詩法の、これらは「達成」ということになる。

 雨

雨の夜の一時すぎ。
合羽を着て靴おとしずかに行く男がいる。
極めてゆっくりとあゆむ。
用事のある人や
家に眠りにかえる者の足どりではない。
それは無味退くつをおもわせる。
春の雨は傘のうえに音もたてず。
濡れた街上には
彼とぼくと二人きり。
この道は坦々と坂をくだり
両側は煙草屋も米屋も喫茶店もパン屋も靴屋も八百屋もねしずまっている。
ぼくはしだいに彼に追いついた。
近づくと合羽の下から剣の先が出ている。
それが雨にぬれて
深靴にさわってときどき光る。
ぼくは彼に追いつき追越して先になった。
彼は頭巾を目深にして顔をかくしている。
しばらく先に歩いてふりかえると
横町に曲がっていった。
         (昭和十年)

………………………………………………………………………………………………

 ほとんど、恣意的でメモ的報告である。佐々木氏が作成した講演レジュメを参照しながら、わたしの感想を記したに過ぎないことを断わっておく。なお、七十年代から八十年代にかけて、ドイツ語講座から始まって、やがて、文学・思想講座も開設していった高田馬場「寺小屋教室」というのがあった。そこで、佐々木氏は「現代詩研究」講座を受け持っていて、昭和57(1982)年2月24日の夜、秋山清(当時77歳)が、ゲスト講演をしたという。そこでの貴重な講演録(一部)を音声とともに披瀝されたことを報告しておく。編集委員の一人として、しかも、「寺小屋教室」と親近な関係のあったわたしですら、そのことを知らないでいた。『著作集・別巻』の年譜等にも、当然、記載されていない。いずれ、当ブログ内か、紙媒体で再現するつもりである。

1

2011/10/18  18:45

第23回 コスモス忌のご案内  コスモス忌案内

 今年もコスモス忌のご案内を差し上げる季節となりましたが、大震災・福島原発事故という事態を、3.11以後として送る日々が、いまだに続いています。このようなことにたいして秋山清さんなら、どんな思いを発せられるかと考えたりもしております。

 今年の講演は、詩人の佐々木幹郎さんです。高校時代の友人であり1967年10月8日の羽田闘争で亡くなった山崎博昭氏を追悼した第一詩集『死者の鞭』(70年刊)は、鮮烈な衝撃を与えるものでした。以後、詩人としてだけではなく、評論や紀行文でも大きな仕事されてきています。また、最近では、詩と音楽のコラボレーションに関わり、東京芸大出身者による音楽パフォーマンス集団『VOICE SPACE』を創設、シンガー・小室等さんとの共作など、多彩な活動をされています。震災の被災地支援活動も積極的になさっています。

 今年の会場は築地の本願寺。前年までの会場が飲食できなくなりましたので移しました。本願寺は「(関東大)震災時に、築地本願寺も全焼しながら、酸鼻の被服廠跡へ僧侶たちは駆けつけて、死者供養と、生きのこりたちへの説教所、託児所もひらいた。さすがは大衆のただなかの浄土真宗。」(小沢信男「賛々語々17 震災忌」―『みすず』2011年9月号)です。

〇日時 2011年11月19日(土曜日)、13時〜17時。
〇場所 築地本願寺本堂内講堂
    東京都中央区築地3-15-1(TEL:03-3544-0551)

〇プログラム
   第一部 佐々木幹郎「秋山清の世界(仮題)」、13時〜15時。
   第二部 懇親会   15時30分〜17時。

〇会費  3500円 第一部のみ参加の場合は500円
     ☆受付は12時よりいたします。

□問合せ先 〒162-0801 東京都新宿区山吹町311 坂井事務所
       FAX:03-3260-4263
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ