凄まじき夜を忘れまじ秋の野に  写真俳句

凄まじき夜を忘れまじ秋の野に   史朗

クリックすると元のサイズで表示します

経験のない風速の暴威に樹木は折れ花はちぎれて飛んだ。
いま秋耕の花圃は台風一過のさわやかさにあふれている。
春のさくら・早い夏そして酷暑・史上最速の風を伴う台風
これらの異変がみな人間の自然破壊によるものだとしたらまさに神罰である。
穏やかな秋・清き冬が来ることを祈るばかりだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります



タグ: 写真俳句



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ