寒なくも背筋の震う夜もみじ  写真俳句

寒なくも背筋の震う夜もみじ  史朗
秩父長瀞の紅葉ライトアップ 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


PVアクセスランキン<br />
グ にほんブログ村


タグ: 写真俳句

じんじんと父母恋う夜のもみじかな  写真俳句

じんじんと父母恋う夜のもみじかな  史朗  写真俳句

クリックすると元のサイズで表示します

若くして父母を失ったぶん老齢になっても父母を恋い慕う気持ちが強いようだ。
すでに父母の年齢を上回ること数十年の秋も更けてゆく。
秩父長瀞にて

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

PVアクセスランキン<br />
グ にほんブログ村


タグ: 写真俳句

初冬の野もみじせぬ葉のなかりけり  写真俳句

初冬の野もみじせぬ葉のなかりけり   史朗

黄に交われば朱くなる初冬の朝散歩

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

PVアクセスランキン<br />
グ にほんブログ村




タグ: 写真俳句

照紅葉加齢怯えぬ吟写俳  史朗  写真俳句

照紅葉加齢怯えぬ吟写俳  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

年明けにまたしてもまたまた歳をとる。先のない加齢にいささか怯む気持ちもあるが70歳から始めて10年経った詩吟は八段・師範となりようやく佳境に入った感がある。60年におよぶ俳句、ここ10年は見様見真似で写真を添え写真俳句は日常の座右の友である。おかげで知力体力も旺盛で退屈を知らない。有難いことである。お付き合いの皆様に感謝を申し上げたい。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

PVアクセスランキン<br />
グ にほんブログ村








タグ: 写真俳句

黄金に染まず咲き出ず花八つ手  写真俳句

黄金に染まず咲き出ず花八つ手  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

冬隣りの11月半ばである。冬花の八つ手の花が咲きだした。
折からの黄金に染まらず純白の花が清楚である。黄金に無縁の幸せ不幸せはわからないが黄金も白もいずれは散ってゆく。画像クリックで拡大します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

PVアクセスランキン<br />
グ にほんブログ村









タグ: 写真俳句

七十は未だ青春ぞ秋の薔薇  写真俳句

七十は未だ青春ぞ秋の薔薇  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

お友達Tさんのお誕生日である。「古稀」のことばの由来を添えておく。ただし「古来稀れ」は大昔の話、現代は百歳時代である。かくいうそれがしは傘寿だが未だ壮年気分で生きている。
「青春」とは”人生の或る期間をいうのではなく心の様相を言うのだ」有名なサミュエル・ウルマンの詩の冒頭にある言葉だ。

クリックすると元のサイズで表示します

杜甫の「曲江」・・・「人生七十 古来稀なり」の出典である。

「朝より回りて日日春衣を典し 毎日 江頭に酔ひを尽くして帰る酒債は尋常、行く処に有り。人生七十 古来稀なり。花を穿つ蛺蝶は深深として見 水に点ずる蜻蜓は款款として飛ぶ。伝語す 風光、共に流転して暫時 相賞して 相違ふこと莫れ・・と。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

PVアクセスランキング にほんブログ村


タグ: 写真俳句

黄葉や生涯現役明日も晴れ  写真俳句

黄葉や生涯現役明日も晴れ  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

銀杏が黄葉して散りかけています。寂聴尼曰く”捨てないと頂くものも頂けないものです。捨てないと入ってくる場所がありません。こちらを空っぽにしておけば、そこに頂くものが入ってくるのです”(「生きることば あなたへ」より)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

航空公園にて

PVアクセスランキング にほんブログ村
タグ: 写真俳句

むらさきの秋の名残をいとおしむ  写真俳句

むらさきの秋の名残をいとおしむ  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

好きな色は?と聞かれれば「むらさき」と答える。むらさきの花には奥深い味わいがあるし目にもやさしい。高貴な色だとも言われる。それとは関係がないが謎めいた色には違いない。
 奥武蔵ユガテ麓にて

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
PVアクセスランキング にほんブログ村
タグ: 写真俳句

牧水の酒の歌恋ふ秋の夜  写真俳句

牧水の酒の歌恋ふ秋の夜  史朗

秋深まる夜、眠れぬままに牧水歌集を抜き読みする。そんなに飲めぬ酒をかたわらに。

牧水26歳のころの「酒」の歌を拾ってみる。自然を訪ね歩く機会が多かった牧水の歌にある

旅と自然と酒がいい。後年禁酒を勧める医師の顔を鬼のようだと詠ったほどの酒好きであった。


クリックすると元のサイズで表示します

歳をとったせいか青春を謳歌する歌より人生の悲哀や悩みを素直に詠う牧水の歌に共感を覚える

9月初めより11月半ばまで浅間山麓に滞在したときの「路上」所載の数首の歌である。原文

名も知らぬ山のふもと辺過ぎむとし 秋草のはなを摘みめぐるかな

酒飲めばこころ和みてなみだのみ  かなしく頬をながるるは何ぞ

酒嗅げば一縷の青きかなしみへ   わがたましひのひた走りゆく

白玉の歯にしみとほる秋の夜の   酒はしづかに飲むべかりけり  若山牧水 26歳


クリックすると元のサイズで表示します

写真は本文と関係ありません。秩父東郷神社の昨秋。 11月下旬が紅葉の見ごろ

PVアクセスランキング にほんブログ村























タグ: 写真俳句

見るもよし舞えばなおよし秋うらら   史朗  写真俳句

見るもよし舞えばなおよし秋うらら   史朗

クリックすると元のサイズで表示します

最近のダンスは踊っているひとの楽しさが見ているほうに伝染してくる。いや本来はそうなのだろうが、とりわけ野外のダンスは心を浮き立たせてくれる。神楽の舞いも和太鼓も情熱的な雰囲気に変わってきた感じがする。伝承文化と言えども時代によって変わるのは当然であろう。11月3・4日の航空公園:所沢市民フェスティバル

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります
タグ: 写真俳句

酒好きの義父の習作秋深し  写真俳句

酒好きの義父の習作秋深し  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

詩吟の先生から地酒の新酒を戴いた。折からの名月にこころに沁みるひとり酒である。部屋にかかっている義父の習作の絵を見ながら想い出に浸る秋の夜。人生の秋もいよいよ深まる

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります

タグ: 写真俳句

冬立つや半分紅い木の葉舞う  写真俳句

冬立つや半分紅い木の葉舞う 史朗

クリックすると元のサイズで表示します

木枯らし1号がまだ来ない立冬です。予報では当分春先のような暖かい日が続くという。猛烈台風と酷暑で傷んだ公園の葉が”半分紅い”まま地に落ちている。何か痛々しい感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
航空公園すでに紅葉


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります
タグ: 写真俳句

赤い実も熟れごろとなり市民フェス  写真俳句

赤い実も熟れごろとなり市民フェス  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

10月末の航空公園・所沢市民フェスティバル。正面入り口で迎えてくれる木々の赤い実が美しい。今年は晴天の絶好の土日とあって大変な人出であった。この一週間仕事でFBにご無沙汰してしまった。いよいよ平野部の紅葉シーズン到来です。画面クリックで拡大

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります
タグ: 写真俳句

無患子や元気に育つ親の手で    写真俳句

無患子や元気に育つ親の手で  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

銀杏のような色の大きな実が大木に揺れています。茶色になって落ちると中には黒い実が入っている。羽根突きの羽に使われているあの黒い実・ムクロジ。「無患子」とも書き子供の健康祈願の羽根つきの羽に使われていた。(深大寺境内)
保育園の充実策は結構なことだが、忙しい親に代わっての保育である。任せっきりでない親の意識が求められる。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 写真俳句

咲き忘れ狂い咲きより帰り花   写真俳句

咲き忘れ狂い咲きより帰り花   史朗

クリックすると元のサイズで表示します

帰り花とは、11月頃の小春日和に、桜、梅、梨、躑躅などの草木が本来の季節とは異なって咲かせた花のこと。ひとが忘れた頃に咲くので、「忘れ花」といった言い方もされる。「返り花」とも書き、「二度咲」「狂い咲」ともいう。 また、帰り花には、遊女が再び遊郭に勤めに出る意味もある。( ウィキペディア)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります
タグ: 写真俳句




AutoPage最新お知らせ