見えざる敵への裏壬生詩  

日々の努力が肝心。
立ち上がる時が、来たのか?
Toughになるのは、当たり前。
Coolな振りにも、疲れた。
のほほんとしては、いられないけどね。

竹を割ったような性格って、何?
内なる力を感じる錯覚か?
清らかな心は、嘘の鏡だ。
恵まれた体格を使うべきだ。

とぼとぼと歩き続けるのにも、飽きた?
岩よりも強くなりたいとは思う。
サークルなんかに入って自己満足?
キツいものを、自分の生き様から感じる。

桂を折って逆転人生?
子供騙しは、通用しない。
とばっちりを喰らっても、
佐賀県のように存在感が薄くても、
野晒(のざら)しにされても、
死と向き合う勇気が、欲しい。

ねえ、どうしたと言うのさ?
0
タグ: 五寸釘 藁人形 candle



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ