2010/2/8 | 投稿者: minoru

今日は痛めた横っ腹を診てもらいに整形外科に行ってきた。
咳やくしゃみをすると、竹刀で叩かれたぐらい痛いと言っているのに「ちょっと咳をしてみてください」と医者に言われる。
しょうがないのでおっかなびっくり咳をする。
案の定、身体をよじるぐらいの激痛!それを見て医者は「そんなにいたいんですか・・・」
だから言ったじゃないかと言いたいぐらいだったが「はい」と答える。
その後レントゲンを撮ったが特に何も映らず、たぶんちょっとしたヒビが肋骨にはいったか、肋骨の周りが炎症を起こしたのだろうとのことだった。
湿布とサポーターをしてもらい帰ってきた。
奥さまにサポーターをした姿を見せると「妊婦のようだ」と言われた。
腹帯じゃない!!

そうそう今日整形外科のレントゲンの待合室に座っていたら、以前お世話になっていたバイク屋の社長とバッタリ会った。
社長はゴルフのスイングで方を痛めたらしい。
待合室でどこが悪いの話になって・・・「お互い年取るとあちこちガタが来るね」と言われてしまった。

こんな話をする歳になってしまったのか・・・・。

もういい歳なんだろうかあたしは・・・・。

腹帯・・いやいやサポーターをしているおかげでお腹がへっ込み、スマートになった感じでちょっとうれしい!
0

2010/2/8 | 投稿者: minoru

毎朝奥さまを職場まで送るのが日課なのだが、これはあたしの生活のリズムを作るのにとてもよろしい。
朝決まった時間に起き、食事をし、奥さまを送る。
調子が良ければ、帰って洗濯・掃除である。
今のあたしにはこれがリハビリな訳だ。
そんななか楽しみがある。
奥さまを送る時に通る道から、あるマンションの窓を見上げるのだ。
そこにはたぶんベッドであろうか、そのうえに乗り跳ねながら外を観ているあたしの知り合いがいる。
毎日お目にかかれるわけでないので、その光景が観られた時は、LUCKYDAYと決めている。
たまにこちらに気が付いているのではと思う時がある。
あたしの車が通り過ぎようとする時、一瞬跳ねるのをやめ、下界を覗き込むようにするからだ。
たぶん解っているのだろう、たまに手を振ってみるが返事はない。
でもそんな解っているのかいないのかという所が、楽しみを倍増させるのだ。
「あーらminoruちゃんじゃな〜いと」言っているだろうか?
0

2010/2/8 | 投稿者: minoru

そうそう今日と言っても日付がかわったのできのうですが、写真家の飯田鉄さんにお会いしました。と言うより見かけたのが正しいですかね。
四谷三丁目荒木町のアローカメラ我楽多屋さんにて、時間潰しがてら宝探しをしていたのですが、その時とこかで見たことのある紳士が来店、なにやらポストカードらしきものを二代目に渡していました。他にお客さんが珍しく沢山いたので、声はかけずに会釈だけして帰って来ました。
そういえば数ヶ月前にテレビに出られていたな。NHKの「美の坪」だっけ?
ライカ使いの写真家さんです。
あたしも良い写真撮れるようになりたいな。
その前に写真整理しなきゃf^_^;
フイルムスキャナー欲しいな〜。プリンター複合機だから出来ることは出来るけど、何しろ時間がかかってしょうがない。
ヤシカとキャビンからコンバクトなのが出てるんだよな〜。
画質とかあんまり評判は良くないけど、何しろ速いらしいからな。
そんなに高くないみたいだし。
悩むな〜オリンパスペンライトの事もあるし、そうかポイントでそれがいい!
たぶん夢ははかなく砕け散るだろうな〜わが家の財務省(-.-;)
0



AutoPage最新お知らせ