2010/3/16 | 投稿者: minoru

先日行ってきたはとバスツアーの記録

少しづつ写真をアップしていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

先ずは集合場所の東京駅近くの駐車場です。
新型の「はとバス」です 最近このタイプの観光バスをよく見かけますね。

クリックすると元のサイズで表示します
これから乗車、バスの前で記念撮影、ハイチーズ!
奥さま目をつぶっちゃいました(^ε^)

後ろの白いシャツの人はDJサトケンさんです。
このはとバスツアーの首謀者・・・? いや失敬・・・主催者です。

さてバスは何処へ向かって走って行くのでしょうか?
ミステリーバスツアー出発です!。

はい、おしまい!

続きはまた今度


0

2010/3/15 | 投稿者: minoru

先週の土曜日「はとバスツアー」に行ってきました。
その感想文?と同じものをはりつけました。



先ず最初に「樋口了一とはとバスで巡るバスツアー」を企画・実行してくださったサトケンさん樋口さんをはじめ、スタッフ・関係者の皆様に感謝します、ありがとうございました。
今回の行き先など、大体の予測はしていましたが、その内容には予想を遥かに超えた夢の様なもので、たいへん驚かされました。
あたし達一般ピープルには、体験できない事がもりだくさんでした。
特に初っ端の、水曜どうでしょう「サイコロ3」で大泉君が歌ったあのスタジオで、あの「アニバーサリーソング」をレコーディング出来るなんて「感激させるにもほどがある!」というぐらい大感激でした。
あたしにとって、この歌は本当の意味での「アニバーサリーソング」になり「アニバーサリデイ」にもなりました。
テイチクエンタテインメント社屋への訪問、そしてそこでの「ポストマンライブ」みんなで作ってきたシェイカー等の思い思いの楽器での演奏・大合唱はとても素晴らしいものでした。
「切手のないおくりもの」私からあなたへ・・・言葉は一方通行的ですが、私達みんなでという素晴らしい贈り物になったと思います。
これが今回のツアーで一番のキーワードになりました。
参加したみなさんとのヨコのつながりが一層広がり深まったように感じます。
やはりファン心理として、樋口さん⇔ファンとのタテのつながりだったものが、みんな樋口さんが、樋口さんの歌が好きなんだ!その仲間なんだ!と感じさせられました。
こんな事がありました。
まったくお会いするのは初めての女性に、あたしの細々とやっている「HOWU」と言うブログについて「ブログ見ていますよ、だから初めてあったように思えない」と言われました。
ああこれなんだ!みんな繋がっているんだ!自分のやって来た事に間違いはなかったんだという確信がありました。
また一つなにか「救われた」とおもいました。
今回のツアーは嵐の様な内容でしたが、何か「はとバス」と言う春一番の風に乗って走り抜けた夢の様な一日でした。

そして最後にもう一度言わせていただきます「二度目のありがとう」と。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/3/12 | 投稿者: minoru

今日の午後7時ごろだったろうか、母から携帯に電話があった。
母「なかなか電波が入らなくて〜」
あたし「今どこなの?」
母「北極圏!」
そうでした。
母は先週からフィンランドに行っていたのでした。
携帯で聞こえる声のクリアーさから、その辺の友達の家にでもいるかの様に感じてしまいました。
母「これから帰るから!」
あたし「お気をつけて」
母「プツ‥‥ツーーー」
切やがった!
それから一分もしないでまた電話が
母「そっち明日の天気は?」
あたし「晴です」
母「みんなが知りたいって言うんで!」
あたし「はいそうですか‥‥」
母「明日の朝に着くから プツ‥‥ツーーツーー」
嵐の様な国際電話攻撃でした。
ちなみに時差は6時間マイナスで、真っ昼間の様でした。
0

2010/3/10 | 投稿者: minoru

東京早稲田でも、昨晩雪が降りました。
今0時を回ったのですが、雪混じりの雨になっています。
風も強く、窓硝子に雨の粒が当たると、チッチッと音が響いています。
氷(雪)の粒がまじっているようですね。
夜が明けたらどうなっているだろう?
路面凍結してなければ良いが‥‥‥。
このまま雨で溶けてくれると良いのだが‥‥‥。
子供の頃は雪が積もると嬉しいものだったが、今は交通が麻痺することやら、雪の処理など厄介に感じる。
でも雪は見ていて、街が真っ白になって、何か別世界になった様でいい。
それにしても雪のなか車を運転したが、ちょっとワクワクして楽しかった。
まだそんな心が残ってるいるんだな。
そういえば昔、大雪になったとき父を乗せ配達の手伝いをした事があったな。
あの時はスバルレガシィで4WDだったから、大分助かった。
もう10年近く前の話しだ。
父さん今頃どうしているだろうか?
旅立ってからもう随分たつが、あっちで元気にやっているのだろうか?
やっぱり豆腐造ってるのかな?
それとも本当は行きたかった大学にでも通っているのだろうか?
今になって思えば、父は何になりたかったのだろう?
長男ということで、兄弟達のために大学には行かず、家業を継いだのだが‥‥‥。
突然逝っちまったから、そんな話しもしたことなかった。
まあ、いつか話せる時が来るだろう、何年先になるかわからないけれど。
こっちの事は心配しないでいいからね、母さんは相変わらずまたヨーロッパに行ってるよ。今回はフィンランドだってさ。
婆ちゃんは同じ事何度も話しているけど、まだそっちには行きたくないらしい、夢で父さんに逢ったて言ってたよ、まだ来ないでいいって言ったらしいじゃない。
多分100までは行かないと思うよ。
俺達は色々あったけれど、何とかやってるよ。
まだ俺は危なっかしいけど、奥さまが居てくれるから大丈夫。
何とか支え合って生きてるよ。
だからまた逢える日を気長に待っててね。
じゃあまた何時か、元気で!
0
タグ: 写真 カメラ お散歩

2010/3/3 | 投稿者: minoru

     国境なき医師団 

クリックすると元のサイズで表示しますhttp://www.msf.or.jp/index.php
0



AutoPage最新お知らせ