2011/9/30 | 投稿者: minoru

今朝、買い物のため吉祥寺に行く電車内、携帯に電話がかかってきた。
母からだった。
いつもメールで用を済ませているのだが、周りにお客さんがいなかったので(一車両貸し切り状態)電話に出る。
祖母(ばあちゃん)の老人ホームからだった。
今朝から眠りに入ったまま、まったく反応が無いとのこと・・・・危篤だ。
午後からホームに行く約束をし、二時間ほどで用を済まし、一度帰宅。
車に乗り、実家近くの老人ホームへ。
3時前に到着する。
ばあちゃんに声をかける「おばーちゃん!わかる!?みのるだよ〜!」手を握り何度か繰り返すが、先週手を握った時には握り返してくれたのだが、まったく反応はなかった。
目も開かない・・・・・
すこし顔が赤みがかかるような気がした。
もしかしたら、何か反応なのかもしれない。
勝手にそう思っておいた。
午前から付き添ったままの母が一度実家に戻ると言うので、1時間ばかり、ばあちゃんと二人きりになる。
何度となく声をかけるが、返事はなかった。
壁際の棚の上を見てみると、母が折ったのだろうか?織鶴が沢山折られていた。
ばあちゃんとの二人きりに時間、鶴を折って過ごしていたようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
[iPhone4 instagram]

母が帰ってきてから、色々と話をする。
昔話、これからの話。
時間はあっという間に過ぎた。
奥さまからメールが来る。
今日は月末だというのに、なんとか定時で切り上げてくるという。
午後6時過ぎに目黒駅に迎えに行く。
ホームに戻ると、食事中だった。
食事と言っても、水分を含む程度、ほとんど口の中を湿らせただけだ。
それでも口をかすかに動かす事をしていた。
人間の生きるという力を見せつけられた。
ばあちゃん少しだけでも長生きしてほしい、一日でも、一時間でも、一分でも、一秒でも。
だけど頑張らなくていいんだよ。

なんか文章めちゃめちゃだな・・・すみません。



何度となく樋口了一さんの「手紙 〜親愛なる子供たちへ〜」が頭の中で響いていた。
あたしは何度あの歌を聴いただろう・・・・
だけど、またもにその場に直面したのは、今回が初めてだ。
どうしてもこの歌を聴きたくなった。
本当は生歌が聴きたいけれど、今の状態では無理なので、お借りしてきました。

樋口さん・角さん・テイチクさん
すみません使わせていただきます。




「手紙 〜親愛なる子供たちへ〜」
歌:樋口了一 詞:樋口了一・角智織 曲:樋口了一

年老いた私がある日
今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを
理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても
靴ひもを結び忘れても
あなたにいろんな事を教えたように
見守って欲しい

あなたと話す時同じ話を
何度も 何度も 繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずに
うなずいて欲しい

あなたにせがまれて 繰り返し読んだ
絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を
平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ
消え去ってゆくように 見える私の心へと
励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に私が思わず
下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがる時には
思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり
様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った
懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ
旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ
出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら
出来なくなったなら
あなたがか弱い足で立ち上がろうと
私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの
手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり
自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを
知るのはつらい事だけど
私を理解して支えて
くれる心だけを持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで
私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに
私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ
付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで
私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って
笑顔で答えたい

私の子供たちへ

愛する子供たちへ

0

2011/9/29 | 投稿者: minoru

この所ちょくちょくこのブログに登場する[GXR & MOUNT A12]ですが、最近のお気に入りは、このスタイルです。

[GXR + MOUNT A12 + マウントアダプターM42-L39 + Super-Takumar 35mm F3.5]

クリックすると元のサイズで表示します
[iPhone4]
Super-Takumar 35mm F3.5このレンズは、GXRに着けるとこうなります。
MOUNT A12はAPS-CサイズのCMOSセンサーなので、35oフルサイズ(フイルムカメラのサイズ)と比べて、約 1.5倍になるので、以下の様な数字になります。

35o×1.5倍=52.5o

となります。

だいたい標準レンズと言われる50oに近いレンズになるので、とても使いやすいです。
ライカなどの高級レンズではありませんが、見た目がとても気に入っています。
年を重ねたこ汚さが、渋さになってレンズの名前のごとくタクマーしくなっています。
残念なのはこの雄姿をそのレンズで撮る事が出来ない事ですね。
今回もiPhone4で撮っています。

カメラ馬鹿でした〜。
0

2011/9/28 | 投稿者: minoru

連休中に「インドフェスティバル」に行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
[GXR MOUNT A12 Super-Takumar 35mm F3.5]
今回も昼食を食べに行ったのですが、やはりカレー系ばかりでしたね。
カレーの匂いが会場中に広がっていて、食欲をそそります。

クリックすると元のサイズで表示します
[GXR MOUNT A12 Super-Takumar 35mm F3.5]
あたしが食べたのは、名前は忘れてしまいましたが、ピラフみたいなやつです。
お米が長細いやつで、本格的です。
長細いお米は、昔おコメ不足の時に、タイ米を食べたころ思い出します、懐かしい。
香辛料も効いていて、ライスもパラパラでとてもおいしかったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
[CASIO EXILIM EX-Z1000]
ちなみに、横井置いてある串は、タンドリーチキンの食べた痕跡です。

ちなみにその日は渋谷界隈はお祭りで、神輿が出ていました。
こういう大きい街でも神輿が出ていると「日本だな〜」と思えますね。
でも最近の神輿の掛け声は「ワッショイ!ワッショイ!」て言わないんですね。
昔はワッショイだと思っていたんでけど・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
[CASIO EXILIM EX-Z1000]
0
タグ: 写真 カメラ お散歩

2011/9/27 | 投稿者: minoru

もう10年近く前になるだろうか、新婚時代・・・嘘をついていました。結婚する前から住んでいたアパートなんですが、今朝から解体工事が行われていたようです。
あたしが今日前を通った時には、全面はすべてなくなり、内装も壊されていました。
先ほども書きましたが、このアパートを離れてから約10年が経ちます。
いろんな思いだがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
[CASIO EXILIM EX-Z1000]
今も一緒に暮らしている、猫の「かなちゃん」もこのアパートの玄関前で、ミーミーと夜中中鳴いて、顔は目ヤニや鼻水でグチャグチャだったのを、このままじゃ死んじゃうと思って拾ったのもこのアパートです。
そんな、かなちゃんも14歳です。
あたしも、奥さまも、あれから14歳歳をとりました。
結婚した時の奥さまの歳を、あたしも追い越したんですね。
奥さまは、あの時の、あたしの母の歳を追い越しました。
あのとき元気だった父はもうこの世にはいません。
あたしたちは、近くのマンションに引っ越し、「ぼたん」という新しい猫娘の仲間が増えました。
そして、病気をして、以前勤めていた職場を辞めました。
色々な事がありました。
本当に・・・・・
またこれからも色々な事があるでしょう。
それをこれからも全て受け止め、受け入れていきたいと思います。

0

2011/9/27 | 投稿者: minoru

みなさんこのバイクご存知でしょうか?
あらフォー以上の方や、アニメファンの方はご存知かと思います。
1981年ホンダから発売された小型自動車「シティ(初代)」のトランクルームに積めるというコンセプトで開発・発売された原動機付き自転車、ホンダ「モトコンポ」です。
当時は相当流行って、5万台ほど売れたそうです。  

クリックすると元のサイズで表示します
[CASIO EXILIM EX-Z1000]

アニメファンの方には、「逮捕しちゃうぞ」という作品で登場するのだが、その作品の影響もあるのか、1985年の生産終了後以降も人気のあるバイクです。
ちなみにあたしも10年近く前に、10万円で(プレミアつき価格)新古車を見つけた時には、買おうかどうしようか相当悩みました。

そんな原付バイクですが、たまに今でも見かけます。
この写真は、渋谷のモンベル前で見つけたモトコンポです。
ホンダさん、またこういうのを造ってくれないものでしょうかね。
今の駐輪場事情みちょうどいいと思うのですが、たしかストラップを着けて、肩にかけ持ち運べるんですよね。(確実に重いですが)
出るとしたら電動バイクになってるのかな?



こちらが当時の「ホンダシティ・モトコンポ」のCMです。
な〜つかし〜ですね。



0
タグ: 写真 カメラ お散歩



AutoPage最新お知らせ