2013/4/19

♪じんじんじん…(古)  三次元

ある日、"(KAITOの)お父さん"こと風雅なおとさんが、このような呟きを…。
語学、しかも発音ネタということで、食い付いてしまった自分。
アクセント辞書等で調べてみたものの、

『基本的に「人」の直前が最も高い
 /例外:撥音(「ん」)で終わる場合は後ろにずれることも』


ということで、ではなぜ例外に?という疑問は解決しないまま…。
「ん」で終わっても、スペイン人やイラン人は基本通りだしなぁ、と。

最終的に、専門(音韻論)の先生にお尋ねすることに。

結果を一言で言うなら、"昔の名残"でした。

一字漢語を主要部とする複合語は、平板式を除けば、
その直前の音節にアクセントを置くのが現在では基本。
重音節であれば母音核がアクセントとなるが、
まれに主要部にアクセントを残すものも存在する。
それらの前に更に語を足して長くすると、
アクセントの位置は規則に近付く。

専門用語も多いので、噛み砕いて説明いたします。



@「AというB」=AがBを修飾するタイプの複合語において、
 Bが漢字一文字で音に下がり目がある場合、
 Bのすぐ前の音≒Aの最後の音のピッチが一番高くなる。


 例:アメリカ人(あめりじん)・門下生(もんせい)・公倍数(こうばすう)

 Aが"ん"等で終わる時は、その前の母音のピッチが一番高くなる。

 例:スペイン人(すぺんじん)・一年生(いちんせい)・自然数(しんすう)

A但し、後者においては、Bの音の下がり目までピッチが変わらない、
 古い形式が残っていることがある。


 例:日本人(にほんん)・先生(せんい)・関数(かんう)

Bそうした語の前に何かを付けて、より長い複合語を作ると、
 ピッチの変動は@のルールに近くなる。


 例:純日本人(じゅんにんじん)・山田先生(やまだんせい)・三角関数(さんかくんすう)
   ※純日本人(じゅんにほんん)・山田先生(やまだせんい)とも




特にBは目から鱗…不覚にも、自力では思い至りませんでした(流石プロ…!!)。
"両方アリ"な語も有る辺り、慣例と規則の狭間で揺れ動く様子が垣間見れますね。

熊本弁は無アクセントということもあり、
標準語の発音規則に未だ自信が持てない自分です(滝汗)。
タグ: 言語



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ