ホトトギス単身赴任のさびしき日   写真俳句

ホトトギス単身赴任のさびしき日  史朗

クリックすると元のサイズで表示します

10年もの単身赴任生活、働き方改革すべきだったがあとの祭り。ホトトギスを見ると単身赴任の寂しさの夕暮れを思い出す

旅の途上、物を煮る匂いが家々の窓や格子の間からふっと夕闇に流れだすとき、・・・思わず足をとめ、家族の団らんの図を描かずにいられないのは、何に対する郷愁でしょうか・・・
家内の気配や物音が思いがけない激しさで心にからみついてくるのも、旅情の不思議のひとつでしょうか(寂聴尼のことば)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります
タグ: 写真俳句



2018/9/26  23:36

投稿者:史朗

太郎ママさん
わたしは延べ10年、3回の赴任とも同じ都市でした。
東京から3往復(笑)
5大都市のひとつでしたからまだよかったほうかも。

福岡から広島・大阪・静岡・横浜と「各駅停車〜と呼んでいました」
いう人もいました。なるべく家具などの「荷ほどき」はしないでいたそうです。

2018/9/26  6:49

投稿者:太郎ママ

「ホトトギス単身赴任のさびしき」

ウチの裏庭でも咲いています。
増えるのですよね。
単身赴任の寂しさは分かりますねぇ。
少しの期間ならいいですけれどねぇ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ