咲き忘れ狂い咲きより帰り花   写真俳句

咲き忘れ狂い咲きより帰り花   史朗

クリックすると元のサイズで表示します

帰り花とは、11月頃の小春日和に、桜、梅、梨、躑躅などの草木が本来の季節とは異なって咲かせた花のこと。ひとが忘れた頃に咲くので、「忘れ花」といった言い方もされる。「返り花」とも書き、「二度咲」「狂い咲」ともいう。 また、帰り花には、遊女が再び遊郭に勤めに出る意味もある。( ウィキペディア)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ



↑ポチっと「写真俳句」🔝クリックしてください<(_ _)>ランキングポイントになります
タグ: 写真俳句



2018/10/27  8:03

投稿者:太郎ママ

「咲き忘れ狂い咲きより帰り花」

うちのつつじも2,3咲いています。

2018/10/26  22:47

投稿者:自転車親父

こんばんは。
ツツジは狂い咲きが多いですね。
近所の公園では毎年のように見られますよ。
今年はソメイヨシノが咲いたとか。
台風の塩害で早く葉を落とし体とか。

http://blog.goo.ne.jp/zitensyaoyazi2012

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ