ハナンチキンライスではありません。 ハナンチキンライスです!

2020/9/12

お願い>

土曜日は必ずご予約してください。

(土曜日は大量にご注文をいただくことも多いので、

 予約無しで来られますと、OPEN直後(11時ちょうど)に

 来店されても1時間以上お待たせする時もございます。

 11時のOPENまでに予約のみで売り切れている事もありますので、

 なるべくお早目にご予約されることをおすすめします)

*予約の受付は9時から受けとるんやけど、
 フライングで9時前に電話するんは止めてなぁ。
 仕込みしよるけん、電話に出れんけんな。



-------------------



お知らせ>

2021年4月1日より、ハイナンチキンライス(カオマンガイ)の

価格が改訂となります。

\600→\700(税込み)


消費増税以降も

紅ショウガの黒コショウ漬けを付けるのを欲しい人だけに変更したり、

プリッキーヌやガーリックフレークの無料サービスを中止したり、

値上げせんでも済むように、細かい経営努力をしとったんやけど、

材料代やら送料やら、ごっつい値上がるし、為替レートは振りまくるし、

中国がコロナウイルス巻き散らかすし、

仕舞にビニール袋の有料化とか、訳わからん政策はじめよるし・・・


ほんな訳で、スマンけんど、今の値段でやっていくのは

もう無理です。


ハイナンチキンライス(カオマンガイ)は屋台料理なんで、

なるべく安く提供したかったんやけんどな。(-_-)



とりあえず、いきなり値上げはせずに半年以上早めに告知させて

いただきました。




よろしゅうに。



 
 
 

2020/8/11

お盆休みのお知らせ  ご連絡
お盆休みのお知らせ

暑いし、ダルいし、コロナも嫌やし、

タイにも行けんし・・・(-_-)

そんな訳で、当初の予定より、か〜なり延長して、

8月24日(月曜日)
まで休ませていただきます。


8月25日(火曜日)より
通常通り営業します。


よろしくお願いします(^_^)/

2019/11/24

おしらせ(よろしゅうに)  ご連絡
お知らせです。(よろしゅうに)

ブログ更新>ほとんどしません

告知、お知らせ>インスタでやってます
        maruka61

メニュー>ハイナンチキンライス(カオマンガイ)と、
      日替わりカレー だけです。

定休日>日、月、祝(ほか。電話で確認してください)

営業時間>11時〜14時
     (ただし、14時までに売り切れたら営業終了)
     (お昼前やOPEN前に売り切れる日もあります)
     (お昼に売り切れなかった場合のみ17時から再営業)

電話番号>090-7575-3725
     (来店時は必ず予約してください)
     (9時から予約を受けています)
     (10コールぐらいはしてください)
     (番号非通知はつながりません)
     (忙しいので、すぐつながりません)
     (忙しいので、ソースの種類何があるん?
       とか聞くのやめてな。)
     (休みの日は電源を切っています)

大盛り>やっていません

その他メニュー>めっちゃ暇でなおかつ機嫌が良い日は
        常連さんには作ってあげない事もない...かも

配達>やってません

駐車場>無いです

トイレ>貸せません

客席>ゼロ(外の秘密基地は常連さんとノラ猫用)

イベント出店>めんどいので嫌っす

取材>アポなしはNG

営業>忙しけん電話してくんなボケ

スープ>容器持ってきたらタダであげるでよ

予約>絶対にしてくれたほうがえぇっすよ。






クリックすると元のサイズで表示します

maruka61

2018/6/7

定休日・営業時間・電話番号(ご予約)  定休日・営業時間・電話番号(ご予約)
クリックすると元のサイズで表示します

定休日(日・月・祝日)
*GW、お盆、年末年始

*たまに釣りに行きたかったり・・・腰痛だったり・・・で
 その他の曜日も休みます。
 来店の際は、必ず電話で予約してください。

営業時間(11:00〜14:00)
*ただし、14時までに売り切れた場合はそれにて営業終了です。

*予約注文のメチャクチャ多い日は、お昼前や、
 OPEN前(11時前)に売り切れ
る日もあります。
 電話予約してからご来店ください!

*お昼の14時までに売り切れなかった場合、
 夕方17時から再営業します。


電話番号(090-7575-3725)
*予約のお電話は9時から予約を受けています

*9時前の電話には出られません!
 (仕込みで手が離せないデス!)
 予約は9時以降にしてください。

*電話はすぐに出られない場合が多いので
 10コールぐらい鳴らしてください。

*迷惑電話の防止のため、番号非通知はつながりません



お願い
ウチの店は一人でやんりょうけんな。
どうしてもオープン直前から昼前はバタバタしとるけん、
できるだけ店を開ける前に電話で予約してな。
予約無しで来てくれても、ごっつい待たせる時があるし、
昼前に予約で売り切れとる日もあるけん
絶対に電話で予約してくれた方がエェでよ。
ほんでな、
「メニュー何があるん」とか、
「道がわからんけん、教えて」とか、
そんなん聞いてくる絶対に止めてよ。
1秒でも早ぉ電話切りたいけん。
忙しい時は電話対応が悪ぅなるけん、
先にあやまっとくわな。ごめんでよ。
ほったらほう言うコッチャけん、
よろしゅうお願いします。
(^^)


クリックすると元のサイズで表示します
タイの実家? テイプラユーン家でトムヤムを作っている図
若かりし頃の店主。

クリックすると元のサイズで表示します
お世話になってたモン族の村。

2018/6/7

まるかのメニュー  「まるか」メニュー
ハイナンチキンライス「まるか」のメニューです。


ハイナンチキンライス(カオマンガイ)
¥600 

↓上にかけるソースを下記の7種類から選んで下さい↓

@シーズニングソース
 (日本の醤油と同じく大豆から作られたソースです。
  フツーのしょーゆと比べて、香りと旨味が強いです。
  ウチはコレがベースです。迷うたらコレにしとき!)

Aスイートチリソース
 (タイを代表するちょいクセのある”ピリあま”のソース)

Bガーリック&チリソース
 (シーズニングにすりおろしたニンニクと刻み唐辛子を浸けこみました。
  たぶん、アンタが思うとるより「ニンニクが強烈」デス!)

Cチリソース
 (シーズニングに刻んだプリッキーヌー=タイ産唐辛子を浸けこみました)

Dジンジャーソース
 (シーズニングにすりおろした生姜を浸けこみました)

E甘口ソース
 (あま〜いのがイイ!という方に、ジャパニーズ焼き鳥ソース)

Fタイ産黒糖ソース
 (ハッカク=スターアニスを使っている為、
  ややクセのある黒糖ベースのソース。
  タイでカオマンガイと言えば、このソースにタオチオを混ぜたものが
  多いです)


↑上にかけるソースを7種類の中から選んで下さい↑


クリックすると元のサイズで表示します



「まるか」の海南チキンライス(カオマンガイ)は
本場のモノをちょっとアレンジしてあります。

日本米を使っているので、作り方も、タイの屋台で教わったのとは
変えてあります。

*容器代としてプラス¥50でカップスープ(鶏ガラスープ)付きに出来ます。

*もちろん、マイカップ持参の方は「無料サービス」です!



*タイ風スープカレー¥700
 (ゲーンキョワーン・他)
 仕込み分、売り切れ次第終了。(土曜日は作れません)
 中の具材はたいてい鶏モモ肉ですが、その時々で変わります。
 作るのは
 グリーンカレー
 レッドカレー
 イエローカレー
 マッサマンカレー  などです。
 

その他のメニュー(メニューより外しました)

・ハイナンチキンライス片面揚げ(カオマンガイトード)¥700

・タイ風オムレツのせご飯(カイジャオ)¥500

・ガパオライス(パッガパオガイ)¥800

・とりがらスープのお粥(カオトムガイ)¥500



2018/6/7

忖度(そんたく)  忖度(そんたく)
当店は、一人ですべてをこなしている為、

お昼時(特に土曜日の11時台)なんかは

てんてこまいです。

電話対応もまともにできません・・・。<(_ _)>



逆に平日で12時半をまわると、

おっそろしく暇な時がしょっちゅうです。



まことに勝手ではございますが

「空気読んでもらえると助かります」

(^^;)



よろしゅうたのんますっ!



クリックすると元のサイズで表示します

2018/6/5


ええそうです。

ご来店された事のある方ならご存知の通り、

店主はけっこうな釣り好きでありまして

弁当屋なのに釣り具を売ったりしております。(^^)

「何の店・・・笑」なんて、

お客さんからも突っ込まれたり、苦笑いされたりするのですが、

誤解なきよう、声を大にしておきます。

「ウチは弁当屋・・・です!・・・多分。」


忙しい時はスルーさせていただきますが、

手の空いている時なら釣り談義もOKですよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します


故・開高健大兄・著「オーパ」より

 一時間幸せになりたいなら、まるかの鶏飯を食いなさい。

 三日間幸せになりたいなら、結婚しなさい。

 一週間幸せになりたいなら、タイにでも旅行に行きなさい。

 一生幸せでいたいなら、釣りを覚えなさい。
クリックすると元のサイズで表示します
今のお店を始めてから、海外釣行は中止したので、
最近はもっぱらアカメ釣りばかりデス。
なかなか釣れませんケドね〜(^_^;)

2018/6/4

「まるか」が出来るまで。  まるか来歴

「おそらく」ウチのお店「まるか」が、

徳島県(四国でも)初のハイナンチキンライス(カオマンガイ)専門店ではないかと

思います。

(日本でも数件目かなぁ?知らんケド。)




実のところ、メニューとしてのハイナンチキンライスは、

店主がやってた「前の前のお店」の時からありますので、

徳島県にカオマンガイがデビューしたのは1998年です。

当時のメニュー名は「タイ風蒸し鶏のせご飯」(^^)

(グリーンカレーも作ってました。当時の徳島ではココナッツミルクが

 なかなか手に入らなかった)




「何で徳島(しかも小松島って)でカオマンガイ?」

だの

「アンタ、何者?」

だの、

ちょくちょくお客さんから聞かれたり、

雑誌やら新聞やらテレビやらで取材を受けるんで、

サラ〜っと、店主(まるか)の来歴を、

さし障りの無いように書いておきます。



まぁ〜、半分はフィクションだと思ってくださいね〜。笑


でわ↓




まるか(店主)来歴


「昭和」とよばれていた時代に、親の猛反対を押し切り生まれてくる。
  
    ↓

おっと!いきなり心臓病で死にかける。

    ↓

神さんと、閻魔さんから「すまんけんど、人間世界に帰ってくれへんけ?」

と言われる。なんチャラ言う小難しい手術が成功してしまう。

    ↓

しゃーないけん、この世を味わうことにする。

    ↓

大人になり、憧れていた「某組織」の「戦闘要員」として働くことになる。
 (*ショッカーとは違いますよ〜)

    ↓

「すまんけんど、一般人に戻ってくれへんで?」と言われて組織を抜ける。

    ↓

組織を抜けたあと、他人に使われるなんてまっぴらだぜ〜とか言う、

世間をナメくさった理由でいきなり店をはじめる。

    ↓

コレまたナメくさった理由で、気分が向いたときだけ店を開け、

常連のお客さんに「店やっといて〜」と、任せたまま、

東南アジア方面に旅に出る。

    ↓

釣り竿と、AK-47を片手にインドシナ半島を放浪。

あっちのジャングルに分け入ったり、

こっちの湿地帯に潜入したり・・・

たまに人里に現れて、ビザが切れかけたら一旦帰国。

(まっ・・・楽しかったです。

 熱帯雨林でのサバイバルに関しては、そんじょそこらの冒険家やら

 特殊部隊の隊員ばりに自信があったり、なかったり?(^^)/ )

    ↓

タイのチャオプラヤ川で、ワラゴアッツーというナマズを狙って釣りを

していた時、隣で釣りをしていたタイ人のオッサンと仲良くなる。

    ↓

おっさん(テイプラユーンさん)の家に居候を決め込む。

    ↓

テイプラユーンさんの稼業の「サトウキビジュースの屋台」を

お手伝いする。タイのくそ田舎で日本人がやってる屋台は珍しいので、

けっこう売り上げる!

    ↓

隣の屋台、カオマンガイ屋のババァと仲良くなる。

    ↓

ババァにカオマンガイの作り方を習う。

    ↓

サトウキビジュースの屋台を手伝ったり、

釣りに行ったり、狩りに行ったり、近所の若い師に

軍事教練を執ったり、日本語を教えたりしながら日々を過ごす。

    ↓

帰国、結婚、子供ができる。

    ↓

(A)しゃぁ〜ないので就職する。

    ↓

(B)オモロないのですぐやめる。

    ↓

(A)と(B)を繰り返す。

    ↓

「コレ?あかんスパイラルじゃね?」と言うことに

気づいてしまう・・・。

    ↓

しゃぁーないので、またまた店を出す事にする。

ヤレヤレ・・・性格的に自営業以外無理だぜ。

    ↓

家賃の安い三角形の店舗を見っけ!

取りあえず即、借りてみる。(^^)/

    ↓

「店を借りたけど、何の商売をしようかなぁ?」
 (嫁はん、さすがに呆れる。笑)

    ↓

サトウキビジュース屋は、日ノ本では儲かりそうじゃないので、

カオマンガイ屋をやることにする。

    ↓

徳島県民は誰一人「カオマンガイ」だの「ハイナンチキンライス」だのと

言っても知らないので、お客さんが一人も来ない日が続く(>_<)

    ↓

考え方を変える。

売り方も変える。

得意の?ゲリラ戦を商売の手法に持ち込む。

    ↓

何とか1年目を持ちこたえる。

    ↓

何とか2年目も持ちこたえる。

    ↓

何とか3年目も持ちこたえる。

    ↓

何とか4年目も持ちこたえる。

    ↓

おかげ様で5年目も持ちこたえる。

    ↓

何だかんだで6年目(今、ココ。)



これも皆さんのおかげです。ありがとうね〜!

ゴッツイ儲けて、タイのおっさんに日本旅行を

奢れるように頑張りまーす。(早ぉせな、おっさん死ぬな。笑)

 
クリックすると元のサイズで表示します
店主の「タイのお父さん」テイプラユーン氏。
この人もかわった経歴の方でして、元々はタイの有名大学の教授。
僕が出会ったころは「教授」ではなく「サトウキビジュース屋のおっちゃん」
現在はタイの某ラジオ局でDJをされております。
釣り好き、酒飲み、親日家。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ