UNSKILLED LAB

Member --Bass/Vo+Rhythm machine BAN (ex THE C-3'S)
Bandcamp -- https://unskilled.bandcamp.com/

 

カレンダー

2020
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メッセージBOX

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

UNSKILLED LAB

クリックすると元のサイズで表示します



///NEXT LIVE ///







0
タグ: PUNK
投稿者:USL

RELEASED

クリックすると元のサイズで表示します

UNSKILLED LAB - Infinity Space (CD) 

品番USL-002

販売価格¥2,000(税抜)

デジパック仕様

30分40秒 12曲収録 

2019/11/5

購入する


:収録曲:

01.VIBRATION
02.NOT GOT PARADOX
03.ANOTHER PEOPLE
04.TIME PASSES WITHOUT MERCY
05.ON THE EARTH
06.STABBING PAIN
07.CONFUSION
08.ACCEPT
09.INFINITY SPACE
10.WILD WIND
11.RISE
12.CAT'S EYE


UNSKILLED LAB is..
Vocal, Bass, Rhythmbox, Noise, Synth, Words ...All Song by Keiko Ban
(10.WILD WIND is The C-3’S song)

Recorded at VORTEX
Mixed & Mastering by Masaya Hattori
Cover design & All produced by UNSKILLED LABORATORY WORKS



「初めまして、NASAの方から来ました。」

すべての質量を「無」にしてしまうブラックホールでさえ説明しようとしてしまう人類。
野暮ったいったらありゃしない。

それでは説明させていただきます。

高齢化と過疎化、パブレスト化がまるで高度経済成長時代の幻影をハーメルンとして笛の音に妄信的に猛進する三重県四日市市において、全てが終わった世界における部族最後の生き残りKeiko Ban/Unskilled Lab。彼女はDaniel Miller/The Normalと同じ心持ちを持つ、と思っている。

今作は、部族の祭りに欠かせない音楽経典、古典ではなく新書、書き下ろしの祭囃子。
Ejectボタンを押す
トレイに盤を載せる
Ejectボタンを押す
再生ボタンを押す
ブラックホールに吸い込まれ「無」になる。

人類は「初めて」の地平で、自身の「説明のつかないもの・こと」に遭遇した時、
それぞれ過去の経験の蓄積から瞬時に無数の引き出しを開け閉めして似たようなものを目の前に置き、
ひとまずの安心を得る。

「説明」がつかないことが怖いからだ。
ブラックホールでさえ、「説明」しようとする。
抱かれろ、この果てしない空に抱かれろ。

「初めまして、NASAの方から来ました」
だいたい説明するやつの言うことなんか、知るに値しない。
まずこの盤をトレイに載せることから人類の新しい一歩が始まるのだ。

安田幸宏 (antoniothree)

クリックすると元のサイズで表示します

--------------------------------------

クリックすると元のサイズで表示します

Various Artisis / MESSAGE DE NOEL 7EP ¥1,200(税抜)

収録バンド : KALTBRUCHING ACIDEATH , THE ROXY , SOLVENT COBALT , UNSKILLED LAB
レーベル: Asylum Party
品番:AP-006
フォーマット:アナログ 7インチ 33回転

2019/11/24 発売

Asylum Party 初コンピとなる本作は、本作のための書き下ろしオリジナル〜誰もが耳にしたことあるカバーを含む、4つのクリスマスソングを集めたクリスマスコンピレーション。

トップを飾るは、アンスキルドラボ。永遠のクリスマスキャロル “The First Noel” のカバーは、ZEのクリスマスコンピにひょっこり入ってそうな、(本人的にはロンドンかな?)NYCアーバンテイスト溢れるファンキーなエレクトロブギー!
続くはブルチン。ここ最近のライブでは1曲目で演奏されてるお馴染みの曲は書下ろしのオリジナル。反復の耽溺性は、sway your body! , sway your brain!アティテュードびんびんにブルータルな展開で 、貴方をsure shot !
コラージュから流れ込み、原曲ほとんど判別不可能(笑)、時折あのメロディーが聞こえたと思った時にはVUメーター全開で思わずニヤリ、非凡で大騒ぎな“サンタが街にやってくる”をロキシー!
ソルベント・コバルト。珍しくハイハットを使ったリズムに、フィードバック控えめな分、繊細さが際立ったギターが被さって景色が揺れる。次の方向を示唆する?ネオサイケ・マンチェさながらのオリジナルクリスマス。
そんなこんなで、この四者四様のクリスマスレコード、これまでに発表された無数のクリスマスレコードに負けず劣らず、個性と発展溢れる必聴盤に仕上がりました。
家族や友人達へ。そして、2019年の恋人達、都心で優雅に暮らすスペースエイジな独身貴族も含めて、いろんな人に届きますように。すぐクリスマスタイムが来るさ。

購入する


3
投稿者:USL
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/13 
 
AutoPage最新お知らせ