夏目 順子(ピアノ奏者・ピアノ講師)桜丘高等学校音楽科を経て、東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽(ピアノ)専攻卒業。 ソロ・アンサンブルで、愛知・岐阜を中心に、ホール・ロビーコンサートをはじめ、学校・レストラン・カフェ・商業施設等で演奏活動を行うほか、合唱団伴奏者として、全国各地、中国(南京市)での公演にも参加している。 新城吹奏楽団、ほうらい吹奏楽団と、ピアノコンチェルトでの共演。 アンサンブルユニット「wing」のメンバーとして、また、ヴァイオリン奏者・バグパイプ奏者・テューバ奏者のCDレコーディングに参加。 「ぞうれっしゃがやってきた」をはじめとする作曲家藤村記一郎氏の多くの作品の上演に関わる。 現在、「夏目順子ピアノ教室」主宰。 ソレイユコーラス・合唱劇「カネト」をうたう合唱団・愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団、常任伴奏者。 ヴァイオリンとフルートとピアノのアンサンブルユニット「wing」・ピアノ連弾のデュオ「Coco Ange」・ヴァイオリンとピアノのデュオ「eju」・クラリネットとピアノのデュオ「Fleur」メンバー。

2018/6/5

エイミーロスです…  合唱団

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル「海を渡ったエイミー」

人と人の繋がりや人を思う気持ち、
私はこの公演を通して、
もっともっと「人」が好きになりました

ミチルさんから生まれた詩(歌詞)、
藤村先生から生まれた音楽、
私はどう弾こうかv▽v

自分の感じたまま、
そして、藤村先生に相談しながらピアノに向かうこと、
それはそれは楽しく幸せな時間でした。

合唱のみなさんがどうしたらいい呼吸ができるか、
気持ちを高めて歌い出せるか、
音に乗れるか…
喜びや切なさ、おもしろさ、壮大さ、この音はどうしようか…
そんなこともいつも心にクローバー

開演5分前にスタンバイしている間、
一緒に舞台に立てなかったT子さんに、
「T子さん、これから◯回目ですよ!始まりますよ!」って毎回心で話しかけました。

今回、オーケストラピットでこのグランドピアノを弾けることになった過程も私にとっては大きな出来事で、
感謝の気持ちでいっぱいでした。

余談…90人を相手にアップライトピアノでのお稽古、
最後の一週間は指の痺れに悩まされましたが、
本番のコンサートピアノでは痺れナシ!
いいピアノは体も楽です!

エイミーの楽譜出版に向けて関わらせていただけたこと、
チラシを持って新城市内の小学校を訪れたこと、
私も成長できたかな!?

たくさんの想い…書ききれません。
エイミーロスですT▽T

最終公演と打ち上げで泣きすぎて、
今朝はまぶたがパンパン!

ご一緒させていただいたみなさま、
応援に来てくださったみなさま、
本当にありがとうございました☆
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ