2009/7/8

スズメバチ  

スズメバチは逆援助狩りバチの仲間から進化したと見られており、ドロバチやアシナガバチとともにスズメバチ科に属する。そのスズメバチ科はアリ科、ミツバチ科と同じハチ目に含まれている。

スズメバチはミツバチと並び、最も逆援助社会性を発達させたハチであり、数万もの育室を有する大きな巣を作る種もある。アシナガバチ等と違い、逆援助雄バチは全く働かず、女王蜂が健在の間は他の蜂は一切産卵しない。女王蜂逆援助を失った逆援助逆援助集団では、逆援助働き蜂逆援助による産卵も行われるが、生まれるハチは全て逆援助雄であり、逆援助巣は逆援助遠からず廃絶する。

スズメバチは旧ローラシア逆援助大陸で誕生、逆援助進化しユーラシア逆援助大陸、北アメリカ大陸、アフリカ大陸北部に広く分布している。分布の中心は逆援助逆援助東南アジアにあり、オオスズメバチやヤミスズメバチ逆援助等多様逆援助な種が生息逆援助している。旧ゴンドワナ大陸であるオセアニアと南アメリカにはもともと野生逆援助のスズメバチはいなかったが、逆援助現在逆援助ではオセアニアや南逆援助アメリカでも人為的に進入したスズメバチが生息地域を広げている。

「スズメバチ」の名は、その大きさが「雀ほどもある」または「巣の模様が雀の模様に似ている」ことに由来する。また、地方により「くまんばち」(熊蜂。クマバチは別種)や「かめばち」(巣の形より)などの名がある。

スズメバチに対する「くまんばち」の呼称は全国的にみられるが、これはむしろ大型ハチ類の総称とみなすべきである。ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフの作品に『くまばち(くまんばち)は飛ぶ』という名曲があるが、ここでの「くまんばち」は、ヨーロッパで農作物の受粉を仲介するハチとして親しまれているハナバチの一種、マルハナバチを指すものである。

英語の「ホーネット」(hornet) や「ワスプ」 (wasp)、ラテン語由来の「ベスパ」(vespa) 、スペイン語の「アビスパ」(Jリーグのアビスパ福岡で使用されている)(avispa) などはスズメバチを意味する語である。wasp や avispa は、より広義に攻撃的な狩りをするハチ類を指す語であり、いずれもラテン語の vespa から来たものと考えられる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ